F1ピットストップBACK NUMBER

ミスで自滅のメルセデスを慰めた、
エクレストンの“オシャレ”な言葉。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/08/02 10:40

ミスで自滅のメルセデスを慰めた、エクレストンの“オシャレ”な言葉。<Number Web> photograph by Getty Images

1930年生まれ、御年84歳のバーニー・エクレストンだが、「F1の支配者」として今なお元気にサーキットを闊歩する。

 ハンガリーGPが初めて開催されたのは1986年。まだ東西冷戦が続いていた時代である。

 そんな中、資本主義社会の象徴ともいえるF1を、旧東側諸国の中にあったハンガリーで開催させたのは、当時FOCA(F1コンストラクターズ協会)の会長を務め、現在はF1グループCEOとしてF1界に君臨するバーニー・エクレストンである。

 ハンガリーGPの主催者はエクレストンの功績を称えて高速道路の出口からサーキットへと続く側道を「バーニー通り」と名付け、毎年グランプリ期間中は看板が立てられるほどである。

 エクレストンに先見の明があったことは、その後の歴史が物語っている。

 3年後の1989年にベルリンの壁は崩壊し、ハンガリーGPは今年で30年目を迎える伝統あるグランプリのひとつとなった。

思い出深いハンガリーGPのレースの数々。

 記念すべきグランプリを前に、F1公式サイトが「思い出深いハンガリーGP、ベスト30レース」を発表した。以下がそのトップ10である。

1位 '92年 マンセル、悲願の初タイトル獲得
2位 '06年 バトン、115戦目での初優勝
3位 '09年 ハミルトン、ハイブリッドF1初優勝
4位 '95年 タキ井上、マーシャルカーに轢かれる
5位 '09年 マッサが予選で大クラッシュ
6位 '09年 アルグエルスアリ、最年少F1デビュー(当時)
7位 '90年 苦労人ブーツェンの完璧な優勝
8位 '86年 ピケ対セナ、壮絶なバトル
9位 '03年 ファーマン、大クラッシュ
10位 '06年 クビサがデビュー戦初入賞からの失格

 こうして見ると、じつに思い出深いレースがハンガリーGPで行なわれてきたことがわかる。

【次ページ】 ハンガリーGPでは、「ミス」が勝負を分ける。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
デーモン・ヒル
バーニー・エクレストン
ジャック・ビルヌーブ
ハンガリーGP

ページトップ