サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

29歳で代表初招集のDF丹羽大輝。
4年半のJ2在籍時代に得たものとは。 

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph byYohei Osada/AFLO SPORT

posted2015/06/16 11:50

29歳で代表初招集のDF丹羽大輝。4年半のJ2在籍時代に得たものとは。<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

日本代表合宿での丹羽大輝。ガンバの下部組織で育ち、U-15からU-20までは、たびたび世代別代表にも呼ばれていた。

「あ、あの時の彼か」

 九州地方のJリーグクラブを取材している立場からすると、「29歳の日本代表初招集選手」に対してそんな印象を抱いた。

 16日のロシアワールドカップアジア2次予選・シンガポール戦でのフル代表初キャップの時を待つDF丹羽大輝。彼には昨季の「ガンバ大阪三冠達成の立役者の一人」という肩書きのほかに、もうひとつ注目すべきキャリアがある。

「レンタル移籍によるJ2在籍期間が長い」

 じつに3年半も「下積み」の時期を過ごしている。これは過去の日本代表招集選手でも最長レベルではないか。

 '04年にガンバ大阪ユースからトップチームに昇格、3年間ほとんど出場機会を得られないまま、'07年にJ2徳島ヴォルティスにレンタル移籍。その後、'08年にJ1大宮アルディージャ、そして同年シーズン途中から'11年までの3年半、アビスパ福岡でプレーした。

 レンタル移籍期間だけでもじつに5シーズンに及ぶ。うち、大宮での半年、福岡がJ1に昇格した1年を除く3年半をJ2で過ごした。

長かったJ2時代。代表選手となった今と何が違う?

 筆者はギラヴァンツ北九州のファンとして、近隣のクラブ・アビスパ福岡で活躍する彼の姿を見ていた。'10年シーズンに守備ラインの中心としてアビスパ福岡がJ1昇格を果たした際には少々複雑な思いも抱いた。一方で、福岡のクラブハウスでインタビューする機会なども得ていた。彼はその取材後、あらゆる現場で向こうから必ず挨拶をしてくれるようになった。

 あの時の彼か、と。

 いまや日本代表ヴァイッド・ハリルホジッチ監督をして「CBと右サイドバック双方での適性がある」と言わしめる存在だ。

 その原点のひとつ「J2時代」にスポットを当ててみた。

 3シーズン半在籍し、109試合出場3ゴール(うち2011年はJ1で30試合出場)を記録したアビスパ福岡での時を、彼はどう過ごしたのか。

【次ページ】 ウェアの洗濯、道具の準備も自分でやったJ2時代。

1 2 3 4 5 NEXT
丹羽大輝
ガンバ大阪
ヴァイッド・ハリルホジッチ
ロシアW杯

ページトップ