F1ピットストップBACK NUMBER

史上最年少ドライバーに論争勃発!
フェルスタッペンは本当に危険か? 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/06/14 11:00

史上最年少ドライバーに論争勃発!フェルスタッペンは本当に危険か?<Number Web> photograph by Getty Images

カナダGPまで7戦を戦い、最高位7位、リタイヤ4回のフェルスタッペン。ランキング14位はホンダ勢の2人よりも上位だ。

 カナダGPは波乱が起きることで有名だが、今年は一度もセーフティーカーが出動せずに平穏のうちに幕を閉じた。

 しかし、週末のジル・ビルヌーブ・サーキットのコース外では、ある事故を巡って熱い舌戦が繰り広げられていた。

 それは、前戦モナコGPで発生したトロ・ロッソのマックス・フェルスタッペンの事故についてである。

 事故はモナコGP終盤、10番手を走行していたロータスのロマン・グロージャンに、オーバーテイクしようとしたフェルスタッペンが追突する形で起きた。

 レース後、審議委員会は追突したフェルスタッペンに「次戦5番手降格」のペナルティを科す裁定を行ない、決着したかに見えた。

グロージャンがフェルスタッペンを非難。

 しかし、この審議委員会に2人のドライバーが呼び出しを受けた際、両者の間でちょっとした事件が起きていた。

 追突されて10位入賞を奪われたグロージャンは、フェルスタッペンから謝罪を受けると思っていた。しかし、フェルスタッペンは謝罪するどころか、事故はグロージャンのほうに非があると言い出したのである。

 そのため、2週間後のカナダGPで報道陣がグロージャンを囲み、モナコの一件が再燃することになった。

「モナコのレース後、レース審議委員が部屋へ行ったとき、僕は彼とそこでレース後、初めて会った。そのとき、ごめんなさいと言ってくれると思っていたら『ブレーキテストされた』と僕を非難してきた。ビックリしたよ」

 カナダGPが開幕する前日に報道陣に尋ねられたグロージャンは、そう言って史上最年少F1ドライバーであるフェルスタッペンの事故後の態度を非難した。

【次ページ】 ドライバーからの批判は続いたが、周囲は案外冷静。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
マックス・フェルスタッペン
ロマン・グロージャン
フェリペ・マッサ

ページトップ