欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

笑顔のシャビ、泣きはらしたピルロ。
CL決勝で交錯した「有終と悔恨」。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/06/07 12:15

笑顔のシャビ、泣きはらしたピルロ。CL決勝で交錯した「有終と悔恨」。<Number Web> photograph by AFLO

この日、シャビはイニエスタからキャプテンマークを受け取ってピッチに入っていった。黄金の中盤を支えた男の、バルセロナでの華々しい幕引きだった。

 6日のベルリンの空は快晴だった。

 欧州の夏本番はもう近い。しかし、CLファイナルを見届けないことには、バカンスの海も山もないのだ。

 ユベントスにとって今季57試合目、バルサの60試合目にあたる欧州サッカー今季最後の試合は、バルセロナがいきなり先手をとった。

 4分、MFイニエスタの右足アウトサイドによるアシストに、MFラキティッチがダイレクトで合わせてバルサが先制点を挙げた。

 起点は、中盤右サイドにポジションを下げていたFWメッシ。メッシの放った寸分違わぬサイドチェンジを受けた左SBジョルディ・アルバが、ワンタッチでFWネイマールへ。ネイマールはペナルティエリア内に飛び込んだイニエスタへ展開した。相手のプレスより早く、正確に、バルセロナはユベントス守備陣の穴を突いた。

 敵陣の崩し方の教本のようなバルサのパスワークによって早々に先制されたユベントスは、苦しい立ち上がりになった。

後手に回ったユーベをバルサが攻めたてるが……。

 対応が後手に回り、苛立つMFビダルは11分のラフプレーで、早くもイエローカードをもらってしまう。司令塔ピルロもボールに触れず、チーム全体のペースがつかめない。試合開始から10分ほどが過ぎた頃、ユベントスはすでに汗だらけだった。

 ユーベのプレスが緩いと見てとったバルサは、難なくボールをキープすると、攻勢を強めた。

 ネイマールが立て続けにゴールを狙い、FWスアレスのパスに合わせたSBダニエウ・アウベスも惜しい右足シュートを放った。スアレス自身も、39分と40分のシュートでユーベのゴールを襲った。

 しかしユーベの守護神ブッフォンが、12年ぶりにつかんだCL戴冠のチャンスを容易に諦めるはずがなかった。ファインセーブを連発し、48分にも、カウンターからスアレスが右足アウトサイドで放ったシュートを弾きだした。

 そして51分、メッシの超絶技巧ドリブルシュートを凌ぐと、ユーベはようやく重苦しい空気を払拭し、反撃に出た。

【次ページ】 モラタの同点弾から訪れた「ユーベの時間」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ユベントス
バルセロナ
アンドレア・ピルロ
ルイス・エンリケ
ジャンルイジ・ブッフォン
シャビ・エルナンデス
ネイマール
スアレス
カルロス・テベス
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ