JリーグPRESSBACK NUMBER

元日本代表、現さいたま市議1年生。
都築龍太が語る転身の理由と「夢」。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byTakashi Shimizu

posted2015/06/02 10:30

元日本代表、現さいたま市議1年生。都築龍太が語る転身の理由と「夢」。<Number Web> photograph by Takashi Shimizu

すっかり議員らしい姿になった都築龍太だが、話し方や表情の端々に、現役時代以来の芯の強さが見え隠れする。どんな第二の人生が彼を待ち受けているのだろうか。撮影協力:浦和ロイヤルパインズホテル

 4月12日の統一地方選に当選し、さいたま市市議としてのスタートを切った都築龍太。2011年春の埼玉県議員選挙にも立候補したが落選。2度目のチャレンジで議員の座を手にした。

 都築は、長崎県の国見高校から1997年にガンバ大阪へ加入し、日本代表にも名を連ねるGKとして活躍した。2003年に浦和レッズへ移籍すると、2007年のAFCチャンピオンズリーグ優勝などに貢献した。2010年に湘南ベルマーレへレンタル移籍後、2011年に浦和との契約も満了し、引退を表明。その直後に県議選挙へ立候補している。

「1月末で契約が終わり、その後1カ月くらいは浦和ユースで練習をさせてもらいながら移籍先を探したけれど、見つからなかったんです。『都築は大丈夫か?』とクエスチョンマークのつく評価しか得られず、(獲得してくれる)チームがなかったのは、僕がやってきたことのすべて。カテゴリーを下げて、たとえば社会人チームでプレーすることも考えたけど『その状況でモチベーションが維持できるのか?』、『自分の色を消してまで現役を続けられるのか?』と考えて、引退することを決めました」

素っ気ないことはあっても、気遣いができる一本気な男。

 プレーヤーとしては高い評価を得ていたが、同時に、監督と衝突しているのでは、などとその性格面を疑問視する人たちもいたのだろう。

 しかし取材者の立場から見ると、メディア対応が素っ気ないことはあっても、礼儀正しさや細かい気遣いができる一本気な男だと感じていた。そんな都築の素顔に触れた人たちから、「議員になってみないか?」と声をかけられたというのも、今思えば納得ができる。ただ、彼がそれを受け入れたことは不思議ではあったけれど……。

「パーティなどで出会った議員の方と交流があったんです。でも政治家としてというよりも、その人間性に興味があった。いっしょに居ても政治の話をすることはありませんでした。現役時代から、立候補しないかと誘ってもらうこともあったけど『無理、無理』という風に断っていたんです。でも、移籍先が決まらず引退を考えているときにちょうど地方選挙(県議会議員選挙)があった。応援してくれるという人たちもいて、新しい挑戦をするチャンスが訪れたなと思ったんです」

【次ページ】 1度目の選挙は、何も知らない状態で始まった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
都築龍太
浦和レッズ

ページトップ