JリーグPRESSBACK NUMBER

韓国メディアも呆れる柏の勝負強さ。
水原の肉弾戦を封じた“二段構え”。
 

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/05/20 11:30

韓国メディアも呆れる柏の勝負強さ。水原の肉弾戦を封じた“二段構え”。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

2ゴール1アシストを決めてアウェーの地で躍動したレアンドロ。試合を通して終始、旺盛な運動量でチームを牽引した。

 韓国側の「本気度」は相当なものだった。ホームチームの熱が伝わってくるゲームは最後まで行方の分からない、緊迫感あふれる好勝負になった。

 19日、AFCチャンピオンズリーグ(以下ACL)のラウンド16初戦に挑んだ柏レイソル。アウェーで激闘の末、水原三星に3-2と先勝した。これにより5月26日のホーム第2戦では敗れてもスコア次第では勝ち上がりが決まるという有利な状況をつくった。

 試合当日の韓国現地のメディアには、こんな見出しが躍っていた。

 “水原、Kリーグキラー柏もこじ開ける”(『スポーツ朝鮮』)

 鄭大世とベテランのレフティー、ヨム・ギフン(2010年南アワールドカップ韓国代表)のコンビネーションで柏に勝つのだと。すでに「キラー」との呼び名が定着しているあたりに、柏への警戒ぶりがうかがえた。

「韓国最大のビッグクラブ」vs.「韓国キラー」。

 当事者たる水原も「大マジ」。クラブ側がオンライン上でこんなキャンペーンを打ち、試合を煽った。

「韓日戦 敗れては満たされぬスーウォン・サムスン ある男の熾烈な復讐が始まる!」

 “復讐”、とは2013年の同大会で柏と対戦し、ホームで2-6の大敗を喫したことをさしている。当時、ドイツのケルンから移籍入団直後だった鄭大世はPKに失敗するなど苦い経験を味わった。また同じく当時就任1年目だったソ・ジョンウォン監督もこの時の雪辱に燃えていたと言う。2014年シーズン終了後、若手選手をクリスマス前から招集し、トレーニングを課した。すべては国内リーグより早く開幕するACLの戦いに備えてのものだった。

 今大会、韓国から出場の4チームすべてが決勝トーナメント進出を果たし、19日、20日にラウンド16の初戦を韓国の地で戦う。そんななかで「韓国最大のビッグクラブ」vs.「韓国キラー」の対戦は注目度の高いものになった。

【次ページ】 肌寒さとは対照的な、激しい点の取り合い。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
柏レイソル
水原三星ブルーウィングス
鄭大世
ソ・ジョンウォン
茨田陽生
レアンドロ
栗澤僚一
吉田達磨

ページトップ