マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

先制点を取られて「いい顔」になる。
巨人・田口麗斗が即戦力なのは当然! 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/04/18 10:40

先制点を取られて「いい顔」になる。巨人・田口麗斗が即戦力なのは当然!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

田口麗斗は、9月に20歳を迎える19歳。堂々たるマウンドでの表情や立ち姿からは、彼がいかに強靭なメンタルを持っているかがひしひしと伝わってくる。

 2死からポン、ポン、ポンとシングルが3本続き、巨人が0-1を同点にして、試合の流れが完全に変わっていた。

 対ヤクルト戦、打席に入った田口麗斗投手の姿を見て、一昨年の7月、彼の“最後の夏”の姿を思い出していた。

 こいつ、バッティングいいんだぞ……。思わず、つぶやいていた。

 2013年7月23日。

 夏の甲子園・広島県予選、4回戦。

 左腕・田口麗斗の奮投で勝ち進んだ広島新庄高は、呉商業高と対戦。朝の9時から30℃を超えた、カンカン照りの呉の球場だった。

 打順は9番でも、スイングが違っていた。

 おそらくピッチングの負担にならないように、ベテラン・迫田守昭監督が彼の肩の荷を軽くしてくれていたのだろう。

 10時には35℃にもなっていた炎天だったのに、すずしい顔で三遊間をライナーで抜いたあとの第2打席。

 がっしり踏み込んだ右足を“柱”にした、松中信彦のようなスイング。白球がホームランの角度で真一文字にライトポール上空めがけて飛んでいったから驚いた。

 かすかに切れて、なんとも惜しいファールになった後の内角速球。今度はサッと割りばしを振り抜くようなスイングで、速い打球がライト線を抜いていった。

 力半分、余裕のひと振りだった。

石川雅規に本気で腕を振らせた田口のスイング。

 打球がファールになる。あいかわらず、いいスイングだ。

 それも、プロで10年以上メシを食っている石川雅規を相手に回してのことである。ひるむどころか、対等の勝負に持ち込んでいる。石川雅規が本気で腕を振っている。

 コイツ、打つんじゃないか……。

 ボテボテのゴロが三塁前に転がって、一塁ゆうゆうセーフの内野安打になったのも、田口麗斗のスイングの鋭さに、三塁手・川端慎吾が立ち位置を前にとれなかったせいだった。

【次ページ】 145kmに見える135kmを投げた高校時代。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
田口麗斗
読売ジャイアンツ
広島新庄高校

ページトップ