野ボール横丁BACK NUMBER

日本ハム通訳に就任した野茂貴裕氏。
父の背中に感じた「やり通せ」。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKei Nakamura

posted2015/01/30 10:30

日本ハム通訳に就任した野茂貴裕氏。父の背中に感じた「やり通せ」。<Number Web> photograph by Kei Nakamura

日本ハムの通訳に1月から就任した野茂貴裕氏。偉大な父・英雄氏の存在ゆえに周囲から特別視されることにも「慣れてます」と笑う姿は頼もしい限りだ。

 今季から日本ハムの通訳に就いた野茂英雄氏の長男・貴裕氏(22歳)に現在の心境を聞いた。

 インタビュー中、たびたび「う~ん……」と熟考しながら言葉を選ぶところなどは父親そっくりだった。そして、「あくまで裏方ですので」と控え目なところも。

 男は黙って――。そんな職人気質な人間性がうかがえた。

――立派な体格ですね。身長、体重を聞いてもいいですか。

 174cm、113kgです。

――野球のご経験は。

 ちゃんとしたチームに入ってプレーしたのは、中学生から高校までです。小学校時代は父とキャッチボールとかはしましたけど、そこまで真面目にやろうとは思わなかったんです。でも小学校6年生ぐらいから少しずつ興味を持ち始めて。

――やはり甲子園に憧れたとか。

 いえ、小・中・高と都内のインターナショナルスクールに通っていて、そこのチームに入ったので、もともと高野連には加盟していないんです。対戦相手はもっぱら他のインターナショナルスクールだったり、米軍基地内の学校だったり。

――大学では?

 していません。大学はサンフランシスコにあるメンローカレッジという大学に通っていたのですが、友だちに頼まれて大学2年、3年とマネージャーのような仕事をしていました。

チームの監督に任せている、と言った父親。

――選手時代のポジションはどこだったのですか。

 ファーストです。

――打順は?

 下位でしたね。下位を行ったり来たり(笑)。

――お父様からは、野球は教えてもらったのですか。

 チームに入ってからは「チームの監督、コーチに任せている」と、こちらが聞かない限りは何も言いませんでした。

【次ページ】 言われたというより、父の背中を見て感じていました。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
野茂英雄
野茂貴裕
北海道日本ハムファイターズ

ページトップ