テニスPRESSBACK NUMBER

「最高ではないわりに勝っている」
錦織、以前と違う16強進出の“本心”。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byAAP Image/AFLO

posted2015/01/25 11:45

「最高ではないわりに勝っている」錦織、以前と違う16強進出の“本心”。<Number Web> photograph by AAP Image/AFLO

ジョンソンに勝利し、4年連続4回目の16強入りとなった錦織。全豪で準決勝以上に進めば世界ランク4位も見えてくる。

 ベスト16進出を決めた錦織圭は、ここまでの3試合を振り返り、こう話している。

「いい感じで……。もちろん最高(の出来)とは言えないが、こうやってしっかり勝ち上がるのが一番大事なので。内容も大事だが、なんとかして勝ち上がっていかないと、特にグランドスラムは勝つことが第一なので、最高でないわりに、しっかり勝ってこれているので、いい出来だと思う」

 きわめて率直なコメントと言えるだろう。3試合とも、特に序盤に苦戦している。第5シードの錦織を、対戦相手は標的としてとらえ、番狂わせを起こす野心むき出しで挑んでくる。その挑戦をがっちり受け止める横綱相撲。どれも見ていて爽快な試合とはいかなかったが、「なんとかして」勝ってきた。湖面を滑る水鳥が水面下で必死に足を漕ぐように、もがきながらも破綻を見せず、順当に勝ち上がった。

序盤劣勢だったのは「自分の気持ちの問題」。

 3回戦も苦しい試合だった。持ち前の攻撃力が序盤は影を潜めた。「第1セットは少し硬くなっていたし、少し落ち着かなかった」という錦織。ストロークのアンフォーストエラー(互角か優位な状況でのミス)はこのセットだけで11本を数えた。

 相手の攻撃と守備に十分なメリハリがついていたことも、リズムを作れなかった要因だ。

 スティーブ・ジョンソンは、時速200km超のサーブを軸にパワープレーを前面に押し立てる。この試合でも、サーブとフォアの強打を力一杯打ち込んできた。バックハンドスライスは低い弾道でベースライン際まで伸び、錦織の攻撃を許さなかった。

 意外にやっかいだったのが、ジョンソンが劣勢の場面で放ったフォアのスライス。本来の錦織ならチャンスボールにできたはずだが、思い切りが悪い分、これを仕留め損なう場面が目立った。

 いつもの錦織なら、もっと早く相手の戦術に適応してラリーの主導権をつかんだだろう。しかし、この試合ではそうするまでに丸々1セットを要してしまった。相手のプレーにそうさせられたのも確かだが、主たる原因は錦織の側にあった。試合後、錦織は「自分の気持ちの方が問題点として大きかった」と振り返っている。

【次ページ】 「ずっと挑戦者の気持ちでいられるわけではない」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
錦織圭
スティーブ・ジョンソン
全豪オープンテニス

ページトップ