Jをめぐる冒険BACK NUMBER

変わりたい、と願うFC東京の2人。
前田遼一と平山相太が迎える正念場。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byMakoto Miura

posted2015/01/26 10:40

変わりたい、と願うFC東京の2人。前田遼一と平山相太が迎える正念場。<Number Web> photograph by Makoto Miura

FC東京の練習着に身を包んだ前田遼一。リーグ戦137ゴールは中山雅史、マルキーニョス、佐藤寿人、三浦知良に続き5位。偉大なる先輩“ゴン”の157得点に手は届くか。

 10代の頃からよく知る友人の変化を、FC東京の石川直宏は感じ取っていた。

「自分のことを黙々とこなすタイプで、マイペースなところは昔と変わらない。でも、十数年いたクラブを出るというのは相当な決意だと思うし、変わりたいっていう想いもどこかにあるんじゃないかって感じます」

 石川が語るのは、今季からチームメイトになる新加入選手についてだ。やや穏やかだったストーブリーグの数少ない主役のひとり、元ジュビロ磐田のエースストライカー、前田遼一のことである。

 東京の暁星高から磐田に加入したのが2000年だから、15年にわたってサックスブルーのユニホームをまとってきたことになる。

前田遼一の起伏に富んだサッカー人生。

 '01年のステージ優勝や'02年の完全優勝はベンチやスタンドからゲームを見つめ、黄金期を築いた先輩たち――中山雅史、藤田俊哉、名波浩、福西崇史、服部年宏らがチームを去ってからは、クラブのバンディエラ(旗手、チームの顔)としての重責を一身に背負ってきた。

 '03年の天皇杯優勝、'08年のJ1・J2入れ替え戦、'10年のナビスコカップ優勝、'13年のJ2降格と、良い時も悪い時もチームの最前線に立ってきた。

 その間、彼自身も日本代表選出、2年連続得点王獲得、J1ベストイレブン選出、ワールドカップメンバー落選と、起伏に富んだサッカー人生を歩んできた。

 昨季J2を戦った磐田はJ1復帰に失敗したが、それでもチーム最多の17ゴールを記録した前田が新シーズンもチームをJ1に導くために戦うものだと勝手に思い込んでいた。

 ところが、彼は移籍という道を選んだ。

「さらに成長したいという想いで移籍を決断した。全試合に出場して、チームのタイトル獲得に貢献したいと思っています」

 FC東京の真新しい練習着に身を包んだ彼の所信表明である。

【次ページ】 前田「この年齢で黙々とやるのはどうなのかなって」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
前田遼一
平山相太
FC東京
石川直宏

ページトップ