JリーグPRESSBACK NUMBER

「主役」宇佐美貴史の成長度。
ガンバ優勝までの1年を振り返る。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/12/08 11:55

「主役」宇佐美貴史の成長度。ガンバ優勝までの1年を振り返る。<Number Web> photograph by AFLO

ガンバ大阪のJ1復帰初年度優勝をもたらしたエース・宇佐美貴史。開幕から8節を欠場したものの、最終的にゴール数は10の大台に乗せた。

 Jリーグ最終節、ガンバ大阪は徳島ヴォルティスを相手にスコアレスドローに終わった。

 優勝を確定できず、選手たちは他会場の結果を待つ。数分後、2位の浦和と3位の鹿島がともに敗れた報せを受けると、宇佐美貴史はチームメイトと抱き合うこともなくゴール裏のサポーターに向って走り、拳を突き上げた。

「サポーターに感謝したくって」

 宇佐美は声を弾ませて、そう言った。

 ガンバ大阪、9年ぶり2度目のリーグ優勝の軸は、宇佐美だった。

 シーズン開幕前、宇佐美はドイツから帰国して3年ぶりにJ1の舞台で戦うことを楽しみにしていた。

「J1というステージで戦うために、レベルアップしないといけない。まず、技術を生かすためにフィジカルを鍛えて体重が75、76kgになった。うまく、強くて、速い。それが揃ったら誰も止められなくなるし、ムラがなくなると思う。1点でも多く取ってチームに貢献したい」

 肉体改造をほどこし、開幕はすでに視野に入っていた。しかし2月のキャンプ中、左ヒ骨筋腱脱臼で全治8週間の離脱を余儀なくされる。開幕には間に合わず、ブラジルW杯も絶望。この時期の宇佐美は口数が減り、人目を避けているようにも見えた。

宇佐美のシーズンが始まった徳島戦。

 エース不在の影響は大きかった。

 攻撃の柱を失ったチームは、J1開幕から下位に沈んだ。低迷し、苦しむチームに責任を感じた宇佐美は「復帰したら必ず自分がチームを救う」という気持ちを強く持ってリハビリを黙々と続けた。

 5月6日、徳島戦で今シーズン初のスタメン出場を果たす。チームは3-0で勝利し、連敗を3でストップ。自らも復帰を祝うゴールを決め、勝利に貢献した。

「スタメンに復帰した試合で、得点を決められた。あそこから僕のシーズンが始まった」

【次ページ】 パトリックとの連係が生んだ“副次効果”。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ガンバ大阪
徳島ヴォルティス
宇佐美貴史
東口順昭
パトリック

ページトップ