JリーグPRESSBACK NUMBER

北九州はなぜ3位を目指すのか。
J1昇格を断たれたクラブの“意地”。 

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE.PHOTOS

posted2014/11/20 10:40

北九州はなぜ3位を目指すのか。J1昇格を断たれたクラブの“意地”。<Number Web> photograph by J.LEAGUE.PHOTOS

ギラヴァンツ北九州で、今季はリーグ戦41試合中37試合に先発出場している前田和哉。ディフェンスラインに前田がいることは、チームの精神的なよりどころになっている。

 意地をかけた戦い。

 まあ文字にしてしまえば陳腐な表現でもあるのだが、11月23日にニッパツ三ツ沢球技場でのJ2最終節に登場するアウェーチームには、これがぴったり当てはまる。

 横浜FCvs.ギラヴァンツ北九州。

 逆に言えば意地しかかかっていない。

 タイトルが懸かるわけでもなく、何かの歴史が変わるわけでもない。

 それでも、世界サッカー史にも存在しえないような意地がある。小さな地方クラブ・ギラヴァンツ北九州の2年がかりのストーリーだ。

“J1ライセンスがないのに、J1昇格プレーオフ圏内にいる”。

 シーズン中、ギラヴァンツ北九州の状況について様々な声を聞いた。たいしたもんだ、という賞賛が半分。でも昇格できないんだよね、という皮肉もまた半分。

 最終節、横浜FC戦に勝てば、シーズンを3位で終える可能性がある。2012年にプレーオフが導入される前なら、自動昇格できた順位だ。

J1ライセンス問題で、一度は瓦解したチーム。

 柱谷幸一監督率いるチームは、2013年にゼロに近いかたちからスタートした。三浦泰年前監督の下で9位でシーズンを終えた2012年の9月、Jリーグから「J1ライセンス」が発給されないことが発表になった。本拠地にしている本城陸上競技場が、収容人数などの問題でJ1クラブの基準に満たないと判断されたためだ。ここに三浦前監督の退任が重なり、チームからは一気に22人の選手が移籍した。

 2013年シーズンの開幕前のことだ。新加入ながら主将を任されたDF前田和哉がこんな決意を口にしていた。

「昇格できる順位に入れば、何かが変わるかもしれない。あわよくば優勝争いをして、議論を巻き起こしたいですよ」

 前田はかつてはJリーグ優秀新人賞にも輝いた屈強なDFだ。年齢を重ね、セレッソ大阪では出場機会を失っていった。そしてモンテディオ山形を経て、このクラブにたどり着いた。

「議論を巻き起こしたい」とは、そんな前田の気概に満ちた言葉だった。

【次ページ】 北九州の強化費はJ2の22クラブ中19位。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ギラヴァンツ北九州
横浜FC
柱谷幸一
チョウ・キジェ
湘南ベルマーレ

ページトップ