メルマガNumberダイジェストBACK NUMBER

オシムが語るガンバ大阪と遠藤保仁。
「彼がいれば監督は必要ない」 

text by

イビチャ・オシム

イビチャ・オシムIvica Osim

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2014/11/18 16:30

オシムが語るガンバ大阪と遠藤保仁。「彼がいれば監督は必要ない」<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

「イビチャ・オシムの『オシム問答』」、配信は隔週金曜日の予定です。

元日本代表監督のカリスマがサッカーの現在を深く洞察する
メルマガ「イビチャ・オシムの『オシム問答』」
最新号の中身をちょっとだけ……特別にご紹介いたします!

▼Lesson.89 目次

 【1】 〈今週の「オシム問答」〉
        「Jのクラブがアジアで結果を残せていないのが残念でならない」

 【2】 〈オシムとの対話〉
        「遠藤は常に自分を、チームメイトや相手もコントロールする」

 【3】 〈バドゥ・ビエイラが語るジョホールバルの真実 ~第3回~〉
        「中田は強かったが、イランにも屈強な選手が中盤に2人いた」

 【4】 〈ゆるゆる取材日記レロレロ〉

 【5】 〈オシムの教え〉
「状況を前進させる可能性を唯一持つのがサッカーだ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】 〈オシムとの対話〉
        「遠藤は常に自分を、チームメイトや相手もコントロールする」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――元気ですか?

オシム:ああ、君はどうなんだ?

――まあ普通にやっています。

オシム:東京も、もうそろそろ寒いんじゃないか?

――ずいぶん涼しくなりましたけど、まだ寒いというほどではないです。グラーツのほうがずっと寒いのではありませんか?

オシム:ああ、オーストリアは冬に備えている。グラーツも、山ではもう雪が降り始めているからな。インドアサッカーなど、冬の大会もそろそろ始まる。サッカーばかりでなく、年末から年始にかけては、いろいろイベントが目白押しだ。

――その前にEURO予選がありますね。

オシム:年内最後のゲームで、アウェーのイスラエル戦だ。ボスニアにとっては厳しい試合だ。ワールドカップの後にチームは若返り、若い選手たちはまだ十分な国際経験を積んでいない。勝てないまでも引き分けられればいいが、結果次第では重苦しい年越しになる。

――とはいえ若いというのは、可能性もあるということですよね。

オシム:たしかにそうだが、楽観的になるにはまだ早い。ところで日本はどうなんだ?

――今日はナビスコカップの決勝があり、ガンバがサンフレッチェを破って優勝しました。

オシム:ずいぶん長い間、ガンバは勝っていなかったからな。

遠藤の知性はチームに大きなプラスアルファをもたらす。

――ええ、でもJ2から復帰した今季は徐々に調子を上げて、リーグも2位と好調です。天皇杯もベスト4に残っています。

オシム:それはいい。監督は誰なんだ。西野が戻ってきたのか?

――いいえ、日本人の長谷川健太です。元清水の監督でした。

オシム:彼は悪くない。清水でも若い選手を積極的に使って、攻撃的なチームを作っていた。ガンバのようなクラブには、うってつけの人物といえるかも知れない。それでガンバは、今も以前の選手たちが残っているのか。それともほとんどいなくなったのか?

――遠藤はずっとキャプテンをやっていますし、明神も今日は先発しました。ただ彼ら以外となると……。

オシム:二川はどうしている。出ていないのか?

――試合には出ていますが今季は交代出場が多いです。

オシム:それならいい。彼は放っておけば、100歳になってもプレーし続けるだろう(笑)。知性がありテクニックに優れ勇気もある。素晴らしい選手だ。

――遠藤は相変わらずゲームをコントロールしています。

オシム:彼はいつも同じだ。常に自分をコントロールし、チームメイトや対戦相手もコントロールする。その知性はチームに大きなプラスアルファをもたらす。彼がいれば監督は必要ない。ピッチの上に監督がいるからだ。クラブはふたりの監督に給料を払う必要はない(笑)。

――その通りかも知れません(笑)。

オシム:ナビスコの決勝は雰囲気がとてもいい。素晴らしいスタジアムと素晴らしいサポーター。あれだけの環境で試合ができるのは、選手にとってとても幸せなことだ。もちろん監督にとってもそうだが。

 日本にはすべてが揃っている。このままの方向でサッカーを続けていくべきだ。サッカーをより魅力的にするために、JリーグはもちろんACLにも力を入れて人々の興味をアジアにも向けるようにする。最近、Jリーグのチームがアジアで精彩を欠いているのはちょっと問題だ。浦和やガンバが制覇して以来、もう7~8年日本はアジアで勝っていないだろう。日本はアジアをリードしていくべき国であるのだから、代表だけでなくクラブもアジアの覇権を常に争っているべきだ。

◇   ◇   ◇

他にも、中国リーグやインドリーグの隆盛について語るオシム氏。
続きは、メルマガNumber「イビチャ・オシムの『オシム問答』」
ぜひお読みください。


イビチャ・オシムの「オシム問答」
関連キーワード
イビチャ・オシム
ガンバ大阪
遠藤保仁

ページトップ