セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

交錯するイタリアとアジアのサッカー。
デル・ピエーロは何を伝えたのか。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/11/12 10:30

交錯するイタリアとアジアのサッカー。デル・ピエーロは何を伝えたのか。<Number Web> photograph by Getty Images

ディアマンティ(右)に加え今夏よりジラルディーノが加入。年俸は約7億円と破格の待遇だ。

 今年も“Made in Italy”が、中国を制した。

 11月2日、イタリアが誇る名将マルチェロ・リッピ率いる広州恒大は、中国超級リーグ4連覇を達成した。

 最終節までもつれた北京国安とのデッドヒートを制し、リッピを胴上げした選手たちの中には、今年2月に移籍してきた元イタリア代表MFアレッサンドロ・ディアマンティや、夏に加わったベテランFWアルベルト・ジラルディーノがいた。

 天才肌のディアマンティは「夏場の3カ月は相当堪えた」と亜熱帯気候の酷暑をぼやきながら、ACLと超級リーグ合わせて10ゴールを挙げた。

 ジラルディーノもボローニャ時代の盟友のおかげでチームへすぐに馴染み、2人はともに坊主頭となって、中国全土のスタジアムを駆け回った。10歳も20歳も若返ったような顔つきの彼らは、新天地でタイトルの美酒を味わったのだ。

インドに集まる元スーパースター達。

 ヨーロッパからアジアのサッカー界を目指す“脱欧入亜”の動きが加速している。

 10月には、インドでも新たな構想による「インド・スーパーリーグ」が始まった。

 同国のサッカームーブメントを本格化させようとする新リーグには、欧州中の元一流選手たちが集められた。

 FCプネー・シティのエースFWは、2002年のセリエA得点王FWダビド・トレゼゲだ。アーセナルやビジャレアルで長く活躍したMFロベール・ピレスを擁するFCゴアでは、あのジーコが指揮を執る。

 中国超級リーグの上海申花に所属した経験もある元フランス代表FWニコラ・アネルカは、ムンバイ・シティFCへ。脇を固めるのは、'11年から清水エスパルスでもプレーしたMFフレドリック・ユングベリだ。

 チェンナイインFCには、3年前に一度現役引退した強面DFマルコ・マテラッツィが兼任監督として加わり、意外なコーチ能力を見せている。11月9日現在、A・マドリーと提携するアトレチコ・デ・コルカタとチェンナイインが首位を争う。

【次ページ】 サッカーの伝道師の自覚を持ったデル・ピエーロ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
マルチェロ・リッピ
広州恒大
アレッサンドロ・ディアマンティ
アルベルト・ジラルディーノ
ダビド・トレゼゲ
ロベール・ピレス
ニコラ・アネルカ
フレドリック・ユングベリ
ジーコ
マルコ・マテラッツィ
アレッサンドロ・デル・ピエーロ
エリック・トヒル
マッシモ・フェレーロ
ファビオ・カンナバーロ

ページトップ