テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭、過去3戦全敗のマリーに完勝。
「違う自分になったと思い込んだ」 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/11/10 11:15

錦織圭、過去3戦全敗のマリーに完勝。「違う自分になったと思い込んだ」<Number Web> photograph by Getty Images

初体験のツアーファイナル、大会の開幕戦となる独特の雰囲気、そして幻想的な演出。それでも錦織圭のテニスが揺らぐことはなかった。

 今季の成績上位8人だけが出場できる、ツアーファイナル。地元イギリスのアンディ・マリーとのラウンドロビン(予選リーグ)初戦、錦織圭はストレート勝ちを収めた。

 その瞬間、錦織は小さく拳を握り観客の声援に片手を挙げて応えたが、勝者の反応はそれだけだった。

 BIG4の一人で、世界ランク最高2位のマリー、しかも過去に3戦全敗と苦手とする相手をストレートで倒したという現実と、錦織のリアクションが釣り合わない。

 ちょうど1年前、錦織は「だれを崩してみたいかと言われれば、マリーが一番」と話している。インテリジェンスと水も漏らさぬ守備を併せ持つこの相手には、錦織が繰り出す攻撃がなかなか有効打にならない。

「やっていると、ハマっちゃうんですよ、彼のプレーが」

 錦織はそう苦笑した。だからこそなんとかして攻略したい、勝ってみたいという思いが強かったのだろう。「勝つことによって何か変われるような気がする」。そんな言葉さえ口にしていた。

全米以降、トップ10選手に対して6勝1敗。

 しかし、この1年で――マリーから初勝利を奪う前に――錦織のすべてが変わった。ショットの質、そして自分に対する自信。全米以降のトップ10選手に対する勝利は、これで6つとなった。黒星は、マスターズ1000のパリ室内でノバク・ジョコビッチに喫したものが唯一だ。自信の大きさは「勝てない相手ももういないと思う」という、全米での彼の言葉に集約される。今大会の開幕前には「全部勝ちたい。いいテニスをすればチャンスがあると思う」とも語っていた。

 シングルスの大会開幕戦となったこの試合。大音響と照明で観客の気分をあおる派手な演出に迎えられ、選手がコートに現れた。色鮮やかな光線が場内とコートを照らす。ツアー最終戦、年間王者を決める戦いとあって、祝祭感が漂った。

 四大大会やツアー大会とまったく違うムードも影響したのか、第1セットの立ち上がりは錦織に硬さが目立った。特にファーストサーブが不調で、このセットの集計では40%という低確率だった。

【次ページ】 マリーのセカンドサーブを果敢に攻める展開。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
錦織圭
アンディ・マリー

ページトップ