プロ野球亭日乗BACK NUMBER

采配よりも「個」が光った日本シリーズ。
ソフトバンクと阪神の間にあった“差”。  

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2014/10/31 13:00

采配よりも「個」が光った日本シリーズ。ソフトバンクと阪神の間にあった“差”。 <Number Web> photograph by Naoya Sanuki

ソフトバンクに流れを呼び込んだ柳田悠岐の思い切りのいいバッティング。今季は自身初の全試合出場を果たし、打率.317、本塁打15、打点70と飛躍の年となった。

 あっけなく、そして前代未聞の幕切れで日本シリーズは終わった。

 ソフトバンク・秋山幸二監督が選手と喜びを爆発させるその横で、阪神・和田豊監督が審判団に激しく抗議を繰り広げていた。

 守備妨害――。

 ソフトバンクが3勝1敗で王手をかけた第5戦。1点のリードを許して迎えた9回、阪神の最後の攻撃だった。鷹の守護神D・サファテ投手の乱調につけ込み1死満塁と攻め、スタンドの阪神ファンは同点、いや逆転への夢を膨らませていた。

 打席は西岡剛内野手。カウント3-1からの5球目を打ち返した打球は一塁正面へのゴロとなった。一塁手の明石健志内野手が捕球すると本塁に送球して、三塁走者が封殺されて2死。そして細川亨捕手が併殺を狙って一塁に送球したボールが、打者走者の西岡の左手に当たってファウルゾーンに転がった。

 その間に同点の走者がホームに滑り込んだが、間髪を入れずに白井一行球審が守備妨害を宣してゲームは終わった。

西岡にとって最悪の一塁ゴロ。

「左打者は最初は(ラインの)中に入るから徐々に戻った。故意にできるプレーであるはずがない」

 西岡は言う。

 そして白井球審は、真逆の説明をした。

「左打者なのに最初から中に入っているのは明らかに守備妨害しようとする意図があった。身体一つ入っていた。片足でも入ったらとりますが、両足入っていた」

 反対の打席でラインの内側から走り出す右打者ならともかく、左打者がわざわざ遠回りして内側から走り出すことは、普通はない。このケース、打者にとって最も悪いのは一塁手と投手への強いゴロでホームゲッツーを食らうことである。明らかに西岡は「やっちゃった!」という状況だったわけだ。

【次ページ】 存在した、走塁よりも大きな“失敗”。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
阪神タイガース
福岡ソフトバンクホークス
和田豊
秋山幸二
西岡剛
柳田悠岐
内川聖一
中村晃
細川享
日本シリーズ

ページトップ