スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

錦織圭の4強進出をスタッツで読む!
ワウリンカを凌駕した「2つの要素」。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/09/04 11:10

錦織圭の4強進出をスタッツで読む!ワウリンカを凌駕した「2つの要素」。<Number Web> photograph by AFLO

日本人が全米オープンでベスト4に残るのは96年ぶり。世界6位のラオニッチに続き4位のワウリンカを下し、いよいよ錦織圭が頂点に立つ日が見えてきた。

 錦織圭が全米オープン、スタニスラス・ワウリンカ(スイス)をフルセットで破ってベスト4進出を決めた。

 快挙である。

 準々決勝のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)との試合も息詰まる熱戦だったが、小さい体の錦織がこの日も寄り切ったという感じだ。

 勝った直後のコート・インタビューで、

「いちばん好きなグランドスラムで」

 と言っていたのが印象的だった。やっぱり、錦織はアメリカ育ちのプレーヤーなんだな、と微笑ましく思った。

セットごとの流れを数字で追うと……?

 さて、ワウリンカ戦のスタッツ(数字)を分析していくと、次のようなモメンタム(試合の流れ)が見えてくる。

・第1セット 錦織のファースト・サービスの確率が悪く(44%)、一昨日に深夜2時過ぎまで戦った影響があったのか、手探りの状態でリズムをつかめず。ワウリンカが6-3で獲得。

・第2セット 錦織のファースト・サービスの確率が56%に上昇。最初のサービスが入った22本中20本のポイントを取った。一方のワウリンカは、サービスに苦しむ。錦織が安定した戦いぶりに移行する。錦織、7-5。

・第3セット 錦織が一気に波に乗る。ゲームカウント5-2と優位に試合を進め、はっきりと錦織有利の展開となる。しかし、ここからワウリンカが反撃してもつれ始める。結局、錦織がタイブレークでこのセットをモノにする。このセット、錦織のファースト・サービスの確率は65%にまで達していたが、ワウリンカがペースをつかみはじめているのが気になった。

【次ページ】 勝負を分けた2つの数字、「8分の2」と「8分の7」。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
錦織圭
スタニスラス・ワウリンカ
ミロシュ・ラオニッチ

ページトップ