MLB東奔西走BACK NUMBER

昨オフから始まっていた“長期計画”。
黒田博樹がピークを設定した「秋」。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/08/03 10:50

昨オフから始まっていた“長期計画”。黒田博樹がピークを設定した「秋」。<Number Web> photograph by Getty Images

7月30日のレンジャーズ戦では7回115球を投げ、9安打3失点と7敗目。ここまで、7勝7敗、防御率は3.98。やはり8月以降の投球がカギとなりそうだ。

 8月を迎え、MLBも後半戦が熱を帯びてきた。

 そんな後半戦を、シーズン開幕前からどう乗り切るか、考え試行錯誤してきた選手がいる。ヤンキースの黒田博樹投手だ。

 先発の柱として期待されたCC・サバシア投手、田中将大投手らが次々に戦線離脱する中、黒田は開幕からたった1人、先発ローテーションを守り続ける、孤高のエースとなっている。

 ヤンキース・ファンからは、否応なしに後半戦の投球を注目される存在だ。だからこそ尚更に8、9月のパフォーマンスを意識せざるを得なくなっている。

「ちょっとピークを遅らせようかなと思ってます」

 話は1月の自主トレまで遡る。

 何度か自主トレ取材に回りいろいろな話題で盛り上がり、とりとめのない会話をしている時だった。黒田が何気なく呟いたのだ。

「去年、一昨年と最後はかなりしんどかったです。今年はちょっとピークを遅らせようかなと思ってます」

 黒田の説明では、ヤンキースに移籍した2012年から2年連続でシーズン終盤に多少、ガス欠状態になっていたというのだ。

 ヤンキースのような、プレーオフ進出が至上命題のような強豪チームでエースとして期待される立場としては、看過できないことだったのだろう。そこで、今年のオフはシーズン終盤からプレーオフを見据えた調整を目指していたのだ。

 2012年から2014年7月までの黒田の月別成績をご覧頂こう。

●黒田博樹投手 2012~14シーズンの月別成績
  2012 2013 2014
  勝敗(登板数) 防御率 勝敗(登板数) 防御率 勝敗(登板数) 防御率
3/4月 2勝3敗(5試合) 3.69 4勝1敗(6試合) 2.25 2勝2敗(5試合) 5.28
5月 2勝3敗(5試合) 4.25 2勝2敗(5試合) 2.56 2勝1敗(6試合) 4.00
6月 4勝1敗(6試合) 1.98 1勝3敗(6試合) 3.92 1勝2敗(5試合) 3.52
7月 2勝0敗(5試合) 3.60 3勝0敗(5試合) 0.55 2勝2敗(6試合) 3.27
8月 2勝3敗(6試合) 2.35 1勝4敗(5試合) 5.12    
9/10月 4勝1敗(6試合) 4.71 0勝3敗(5試合) 5.70    
※7月31日現在

【次ページ】 防御率が悪化する9、10月にピークを!

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
黒田博樹
ニューヨーク・ヤンキース

ページトップ