スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

カーショーと上原、田澤の共通点。
MLBが重視する「初球にストライク」。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/08/11 10:30

カーショーと上原、田澤の共通点。MLBが重視する「初球にストライク」。<Number Web> photograph by Getty Images

ドジャースのクレイトン・カーショーは、2011年に投手三冠、そしてサイ・ヤング賞を2度受賞したMLB最高の左腕だ。2009年以降、毎年30先発を続ける安定感も備える。

 ひょっとしたら、このカードが今年のワールドシリーズの顔合わせになるかもしれない――。そんな期待がロサンゼルスで高まっている。

 今季好調のドジャース対エンジェルスの「フリーウェイ・シリーズ」を現地で取材したが、連日超満員、州知事やセレブリティが顔を見せる華やかな対戦となった。試合の中身も充実で、両チームともポストシーズンに向けて視界は良好、といったところだ。

 さらにロサンゼルスでは、まったく別のトピックで驚きがあった。現地に拠点を置く日本人記者から、意外な選手の名前を耳にした。

“Arihara”である。

 広陵高校(広島)時代は、3年生で甲子園に春夏連続出場。卒業後は早稲田大学に進み、今年春の六大学野球リーグ戦では5勝をマークし、今年のドラフト1巡目の有力候補のひとり、有原航平だ。

身長、球速とともに重視されたポイント。

 実は今年の3月、早大がアメリカ遠征した際に、有原は南カリフォルニア大学(USC)相手に好投している。その試合を見たメジャー各球団のスカウトが、有原の魅力を次のように分析したという。

「上背(身長187cm)」

「セットポジションから95マイル(およそ153km)を投げられる」

「ストライクをどんどん取っていける」

 スカウトたちを納得させるに十分な投球を披露したのである。

 そしてこの評価ポイントのなかに、現在のメジャーリーグの潮流が見て取れる。

 ストライクをどんどん投げ込んでいく能力が、成功するための要因となっているのだ。

【次ページ】 メジャーナンバーワン左腕、カーショーの武器は?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ロサンゼルス・ドジャース
有原航平
クレイトン・カーショー
上原浩治
田澤純一
ロサンゼルス・エンゼルス

ページトップ