Jをめぐる冒険BACK NUMBER

7月全勝の川崎Fが確立した思想。
“繋ぐ”ではなく“崩す”から考える。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2014/08/01 10:30

7月全勝の川崎Fが確立した思想。“繋ぐ”ではなく“崩す”から考える。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

川崎の攻撃を指揮する中村憲剛。しかし、彼のパスや展開力だけに頼るのではなく、前線の動き出しや連動性こそが好調の理由だろう。

 相手の嫌がることをしているはずなのに、それが歓迎されているのだとしたら、仕掛けている側はたまったものではないだろう。

 だが実際、現在の川崎フロンターレの選手たちは、激しくプレスに来られることを歓迎している。

「ガツガツ来てくれたほうがいいですね」

 17節のアルビレックス新潟戦のあと、はにかみながらそう言ったのは、中村憲剛とボランチを組む大島僚太だ。今やチームに欠かせない主軸となった21歳の技巧派は、笑顔で続ける。

「そのほうが相手はバテやすくなりますから」

 その言葉の背景にあるのは「簡単にボールを失わない」という、自分たちの技術や視野に対する絶対的な自信だ。

「この暑さのなかでの連戦ですから、キツイことはキツイんですけど、相手のほうが絶対に苦しいだろうなって思いながらプレーしています」

再開後、天皇杯を含めて5連勝。

 ワールドカップが終わって再開したJ1リーグで、川崎の好調ぶりが際立っている。

 中3日の間隔で行なわれた4連戦にすべて勝利し、天皇杯を含めると5連勝。リーグ戦の順位も3位に浮上し、首位・浦和レッズとの勝点差は3、2位・サガン鳥栖との勝点差は1という好位置に付けている。

 興味深いのは、リーグ戦4試合でマークしたゴールがすべて、後半に入って生まれている点だ。ただでさえ、うだるような暑さで体力の消耗が激しい夏場のゲーム。しかも、中3日の4連戦だったのに、なぜいつも後半にスコアを動かせるのか。その理由として挙げられるのが、「主導権を握って相手を押し込む」スタイルの優位性だ。

【次ページ】 大島「前半は0-0で終わってもいい」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
川崎フロンターレ
中村憲剛
大島僚太
風間八宏
大久保嘉人
小林悠
森谷賢太郎
稲本潤一
田中裕介
實藤友紀
金久保順

ページトップ