ブラジルW杯通信BACK NUMBER

イタリア、ウルグアイにやぶれGL敗退。
真っ向勝負を壊したレッドと“凶行”。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/25 16:30

イタリア、ウルグアイにやぶれGL敗退。真っ向勝負を壊したレッドと“凶行”。<Number Web> photograph by Getty Images

試合中にもかかわらず、ベンチでふてくされるバロテッリ。プランデッリはアズーリを担う存在として期待をかけ続けてきたが、今回もまたその期待は裏切られた。

 疑惑のジャッジがあった。

 目を疑う蛮行があった。

 イタリアを蹴落とし、“死の組”を抜け出したウルグアイを、果たして「勝者」と呼んでいいものか。

 しかし、試合後の指揮官タバレスの言葉は苛烈だった。

「これはワールドカップだ。はした金のモラルを問う場ではないのだよ」

 グループD突破をかけた決戦を、イタリア代表監督プランデッリは「人生をかけた勝負」に喩えていた。2位以上を確定させるには、最終戦に引き分けるだけで十分だったが、ウルグアイが強敵であることには変わりなかった。

 ミランやカリアリの指揮経験を持つ敵将タバレスのチームには、過去・現在を問わず、セリエAでのプレー経験を持つ者が12人もいた。

 ユベントスのDFカセレスや1年前のセリエA得点王カバーニにとって、イタリアは出稼ぎ先として大金をもたらしてくれた国だ。彼らがアズーリを恐れる理由は何ひとつなかった。

 追い詰められてようやく真価を発揮するイタリアにとっても、心理的にタフな一発勝負は望むところだった。決戦に向けて、今季の得点王インモービレとFWバロテッリが初めて先発2トップを組み、守備ブロックはユベントス勢による3バックに託された。布陣は両サイドにDFデシーリオとDFダルミアンを配した3-5-2へ。アズーリも背水の陣を敷いた。

古典サッカーのように、一対一でにらみ合った両雄。

 互いを知り尽くすイタリアとウルグアイが、真っ向勝負を選択したら、どうなるか。

 エスタディオ・ダス・ドゥナスは、キックオフ直後から、格闘場と化した。

 まるで半世紀以上前の古典サッカーのように、グラウンド上のフィールドプレーヤー全員が、目の前の相手と一対一でにらみ合った。

 選手たちはインテンシティ全開で、マークする相手に襲いかかった。双方の2トップはゴールを狙う前に、敵センターバックとのつかみ合いを制する必要があった。ポジションを問わず、ガツン! と体をぶつけ合う音が、1プレー毎に聞こえてきそうだった。

【次ページ】 削りあいの中でも保たれていた互いのリスペクト。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
マリオ・バロテッリ
チェーザレ・プランデッリ
アンドレア・ピルロ
チロ・インモービレ
ジャンルイジ・ブッフォン
ルイス・スアレス
クラウディオ・マルキージオ
チアゴ・モッタ
ブラジルW杯
サッカーW杯

ページトップ