ブラジルW杯通信BACK NUMBER

ドイツは攻撃的ながら“安全第一”?
センターバック4人起用、2つの理由。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/20 10:30

ドイツは攻撃的ながら“安全第一”?センターバック4人起用、2つの理由。<Number Web> photograph by Getty Images

ロナウドをマークするメルテザッカー。彼自身は生粋のCBだが、これまではグロスクロイツやラームなどSBを本職とする選手たちとDFラインを構成することが多かった。

 グループリーグ最大の敵であるポルトガルとの初戦を、ミュラーのハットトリックを含め4-0で圧勝したドイツ。'90年のイタリアW杯以来のタイトル奪還に向けて好スタートを切った。

 ヨーロッパ予選では最多36得点で、この試合でも4得点。その攻撃力ばかりに目が向いてしまいそうになるかもしれない。

 しかし――。見落としてはいけないものがある。

 まずは、ポルトガル戦のスタメンに目を向けてみよう。

 フォーメーションは4-3-3。

 GKはノイアー。

 DFに右からボアテンク、メルテザッカー、フンメルス、ヘベデス。

 MFではアンカーにラームを置き、その前にケディラとクロース。

 FWは右からエジル、ミュラー、ゲッツェと並んだ。

 この中で、注目すべきはディフェンダーだ。

レーブ監督「最終ラインを高く保つ必要はない」。

 本大会前の最後の実戦となったアルメニア戦に続いて、ディフェンスラインには本職がセンターバックの選手が4人も並ぶことになった。『キッカー』誌は、この顔ぶれについてご丁寧にも英語で「セーフティーファースト」だと伝えている。

 その真意はどこにあるのだろうか。

 左サイドバックのレギュラー候補だったシュメルツァーが怪我のためにメンバーから外れたことも一因ではあるのだが、それ以上の理由がある。

 レーブ監督は、1つ目の理由をこう説明している。

「我々はこの大会でディフェンスラインを常に高く保つ必要はない。W杯予選ではしばしば相手が自陣に引いてきた。その結果、我々はしばしば(カウンターに)苦しむことになった」

【次ページ】 高さと対人プレーの強さで、相手のカウンター対策に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ヨアヒム・レーブ
ブラジルW杯

ページトップ