欧州CL通信BACK NUMBER

CL決勝はレアルの劇的な逆転勝利!
120分の激闘で掴んだ10度目の栄冠。
 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2014/05/25 12:00

CL決勝はレアルの劇的な逆転勝利!120分の激闘で掴んだ10度目の栄冠。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

今季1億ユーロ(約139億円)でトッテナムから移籍したベイル(上)。CL決勝でまさに値千金の決勝ゴールを決めた。

 試合後の記者会見場ではアンチェロッティが真面目な顔で、つい先ほど終わった熱戦を振り返っていた。

 遠くから歌声が聞こえてくる。声は次第に大きくなっていき、突然会見場のドアが開き、マルセロの陽気な笑顔が現れた。

 セルヒオ・ラモスとペペがそれに続いて入ってくる。イスコにケディラ、普段は大人しいモドリッチまでが小躍りしながら、壇上のアンチェロッティの下へ近づいていった。

 セルヒオ・ラモスがふりまいたペットボトルの水しぶきが舞う。そんな選手たちを見るアンチェロッティは嬉しそうだ。

「マドリーは優勝に値した。“デシマ”が、クラブの最大の目標だった」

 5月24日、アトレティコ・マドリーを4-1で破って得たクラブ10個目のチャンピオンズリーグのタイトルについて、指揮官はこう語った。

 セルヒオ・ラモスはそんな彼の頭にキスをし、会見場を後にする。そして陽気な音楽隊は歌声とともに、また別の部屋へと進んでいくのだった。

後半ロスタイムまではアトレティコの試合だった。

 途中までは完全にアトレティコの試合だった。後半ロスタイムまで、と言っていいだろう。

 アトレティコは得意のセットプレーから再三チャンスを作り、リーガ優勝を決めた最終節のバルサ戦と同じように、36分にCKからゴディンが決め先制した。

 そこからは、シメオネが築いた統制された守備組織でマドリーを封じ込めた。開始早々にジエゴ・コスタが負傷退場するマイナスはあったものの、プランは完璧に機能していた。

 マドリーもベイルが再三チャンスを手にしていた。終盤はマドリーの一方的な展開でもあった。しかしそんな中1点差で粘り勝つのも、今季のアトレティコの強みだ。リーガ優勝を引き寄せたのも、シーズンを通してみせたしぶとさにあった。

 後半ロスタイム、セルヒオ・ラモスのヘディングが決まるまで、アトレティコのシーズンは絵に描いたように上手く進んでいた。

【次ページ】 「あと少し、足りなかった」とシメオネ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アトレティコ・マドリー
ディエゴ・シメオネ
レアル・マドリー
カルロ・アンチェロッティ
セルヒオ・ラモス
アンヘル・ディマリア
ルカ・モドリッチ
ジエゴ・コスタ

ページトップ