Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<日本人選手“100人に聞きました”> '13-'14欧州サッカー マイベストプレイヤーズ。 ~ベガルタ仙台編~  

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/04/22 11:00

Number851号に掲載された、日本のサッカー選手100人に
ベストプレーヤーを選んでもらう大アンケート企画。
本誌に掲載しきれなかった選手のみなさんのアンケートを、
NumberWeb上で公開します! ベガルタ仙台編です。
   太田吉彰   渡辺広大

ベガルタ仙台 太田吉彰
       (ベガルタ仙台・2列目)

マヌエル・ノイアー(バイエルン)
ダビド・ルイス(チェルシー)
フィリップ・ラーム(バイエルン)
ラミレス(チェルシー)
2列目
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
ズラタン・イブラヒモビッチ(パリ・サンジェルマン)

選考理由

 2列目はすごく悩むけど、やっぱりC・ロナウド。フットボーラーとしてパーフェクトです。今季だけに限らないですが、ゴールパターンは多彩だし、何と言っても結果を残しますから。ドリブル突破だけでなく、頭でもFKでも点が取れるのは彼だけです。イブラヒモビッチは、1人で何でもしてくれる。チャンピオンズリーグやフランスリーグを見ていても、別格です。どんなクロスでも点に変える力を持っているし、ポストプレーも抜群。あれだけボールが収まるFWはそういません。

 ボランチで印象に残っているのはラミレス。ピッチを縦横無尽に走り回って、行く先々で相手を潰しています。あれほど強烈なボランチがいれば、サイドも心置きなく仕掛けられますよ。ラームはサイドバックで選ばせてください。今季の序盤はアンカーでプレーしていましたが、チャンピオンズリーグのアーセナル戦ではサイドバックだったし、やっぱりあのキックは素晴らしい。攻撃の起点になれますよね。

 センターバックもその基準で選んでいます。ダビド・ルイスは強いだけでなく、ビルドアップも正確です。相手にプレスをかけられても落ち着いていますしね。キーパーは難しいなー。インパクトでいえば、ノイアー。アーセナル戦でPKをストップしたセービングは、すごかった。ベストイレブンの基準とは関係ないですが、東日本大震災のときに、シャルケ時代のノイアーは、チームメイトに内田篤人がいた影響もあって、仙台のことを気にかけてくれていました。そのことは、今でも覚えています。

ベスト1 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
ベスト2 ギャレス・ベイル(レアル・マドリー)
ベスト3 エデン・アザール(チェルシー)

選考理由

 C・ロナウドは規格外のパフォーマンスに加えて、数字まで残しています。文句なしですよ。個人的にはベイルのインパクトも強烈。フェイントなしで縦に抜いていくドリブルは仰天です。爆発的なスピードを持っていて、緩急のつけ方も絶妙。思わず見惚れますね。アザールはキレキレ。あの鋭いカットインは、ほとんど誰も止められないですよ。

クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)

フランスリーグ

ドルトムント

 

<次ページへ続く>

【次ページ】 次は、DFの渡辺広大選手!

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ