野ボール横丁BACK NUMBER

野球経験5年でプロ入りの上沢直之。
「お払い箱6割」の大器、3年目の1勝。
 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/04/09 10:30

プロ初登板が初先発で、初勝利となった上沢直之。これは日本ハムでは斎藤佑樹以来となる。現時点でもまだ野球経験が10年に満たないその経歴に、つい大きな伸びしろを期待してしまう。

プロ初登板が初先発で、初勝利となった上沢直之。これは日本ハムでは斎藤佑樹以来となる。現時点でもまだ野球経験が10年に満たないその経歴に、つい大きな伸びしろを期待してしまう。

「中学3年生ぐらいで、ようやくちゃんとルールを覚えました」

 そう衝撃的な事実を明かすのは4月2日のソフトバンク戦で、高卒プロ入り3年目にして初登板初勝利を挙げた日本ハムの上沢(うわさわ)直之だ。上沢は2011年のドラフト会議で日本ハムから6位指名を受けているが、それまで野球経験は実質5年しかなかった。

「すぐにお払い箱になる可能性が60パーセント、大化けする可能性が30パーセントじゃないかな」

 ドラフト会議を直後に控え、専大松戸高校の監督である持丸修一は、教え子の上沢がプロ入りした場合についてそう語っていたものだ。

 持丸は藤代高の監督時代に、美馬学(中央大-東京ガス-楽天)や井坂亮平(中央大-住友金属鹿島-楽天)を率いて甲子園に出場した経験を持つ。

「美馬はボールのキレが抜群だった。井坂はスピードはないんだけどタイミングが合いづらい独特のフォームをしていた。そこへ行くと、上沢はまだわからない。計りかねているところがある。正直、(志望書の提出を承諾するかどうか)迷ってんだよ」

中学で野球を始めるが、ルールが覚えられず……。

 上沢は小学校時代はサッカー少年だった。野球を始めたのは中学に入ってからだ。

「サッカーはディフェンスをやっていたのですが才能はなかったと思います。だから中学に入った時、兄がやっていたこともあり、野球をやろうと。小学生のときにソフトボール投げで45mぐらい投げたことがあったので、肩には自信があったんです」

 中学入学時は165cmだった身長は、卒業時には185cmになっていた。体が大きくなるのに合わせて球も速くなっていったが、いかんせん野球経験が少な過ぎた。

「最初の1年は、ほとんど何もできなかった。ルールもわからなかったので。ノーバウンドで捕ったらアウトとかはわかっていたんですけど、ベースを踏めばアウトになるときと、タッチしなければアウトにならないときの違いとかが難しかった」

<次ページへ続く>

【次ページ】 二死三塁でピッチャーゴロをホームへ。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ