野球善哉BACK NUMBER

昨季、田中将大の陰に隠れた実力者。
“陰の沢村賞”金子千尋の極意とは。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/04/08 10:30

昨季、田中将大の陰に隠れた実力者。“陰の沢村賞”金子千尋の極意とは。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

昨年は29試合に先発し15勝8敗。防御率2.01は田中に次ぐ2位、完投、完封、奪三振では田中を上回る投球を見せた金子千尋。

「今シーズンの注目は金子千尋。金子はすごい投手の割には知名度が低い。実力を持っていると思うし、今季はFAの権利も得る。田中将大(ヤンキース)が抜けて、どれだけ有名になれるか」

 そう話していたのは、解説の吉井理人さんだ。

 昨季、沢村賞の選考基準を全項目でクリアしながら、影の存在となったオリックスのエース・金子千尋が、今シーズンの初勝利を挙げた。

 4日の西武戦で先発して、9回2安打14奪三振、無四球完封勝利。付け入る隙のない、完ぺきなピッチングだった。

 そして今季の金子に、去年までとの変化を感じた。

 ひとつ、勝負所でしか力を入れて投げていないこと。

 ひとつ、フォームがコンパクトに見えたこと。

「力を入れないわけじゃなく、丁寧に投げる」

 ところが試合後と翌日の取材で、金子に話を聞くと、この見解が間違いであると否定されてしまった。4日の西武戦のあと、金子は満点の投球をこう振り返っている。

「開幕戦の時に力んでしまっていたので、その反省として、今日は抑え気味に投げました。抑え気味といっても力を入れないわけじゃなく、丁寧に投げるということをテーマにしました」

 確かに試合を見ていても、ストレートに、金子のいつものスピードがないことは明らかだった。その代わりにコントロールが精巧で、変化球の切れも目をひいた。筆者の見たところ、金子が力を入れて投げたのは、2安打を放った浅村栄斗の第3打席と8回表、炭谷銀仁朗を見逃し三振にとった最後のボールくらいだ。

 金子はいう。

「浅村君の第3打席は、確かに力んで投げていました。ただあの打席は、浅村君も力んでいたと思います。その分、打球が前に飛ばなかったのかな、と。彼が力んでいなかったら……まぁ、その状況になってみないと分からないですけど、前に飛ばされていたかもしれない」

【次ページ】 昨シーズンつかんだ「力を抑える」ことの効用。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
オリックス・バファローズ
金子千尋
吉井理人
本屋敷俊介
田中将大

ページトップ