スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

大物外野手2人を獲得のヤンキース。
トレード濃厚のイチローの来季を占う。  

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2013/12/07 08:01

大物外野手2人を獲得のヤンキース。トレード濃厚のイチローの来季を占う。 <Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

2013年は162試合中150試合に出場し、打率.262、136本のヒットを放ったイチロー。来季はどんなプレー、どんな活躍を見せてくれるのだろうか。

 青木宣親がロイヤルズにトレードされた。求められての移籍、早くもアメリカのメディアは、「ロイヤルズのトップバッターは、青木の加入によってアップグレードされた」と評価している。

 2013年7月末のトレード期限の近辺から、すでに青木はトレードの噂が出ていた。その理由として、

・契約が2014年で切れること
・出塁率が高く、トップバッターが不在の球団の需要が高かったこと

 など複数の理由が考えられた。しかし、青木は年俸も割安だったから、ブリュワーズはシーズン中に手放さなかった。

 ただ、シーズン終盤になってレフトを守るクリス・デービスが活躍し、センターにカルロス・ゴメスは鉄板。禁止薬物の使用を認め、出場停止処分を受けたライアン・ブラウンが来季はライトにコンバートされる見方が出てきて、青木の処遇が注目されていた。

 このように、メジャーの球団の場合、若手が育ってくると「人事情勢」は大きく変化する。ベンチ入りできるのは25人に限られているから、だぶついた選手はトレードして有効活用するわけだ。

保険のためだけに有力選手を獲得するヤンキース。

 ところが、ヤンキースだけは高額年俸の選手がだぶついても気にしない。2013年はデレク・ジーター、アレックス・ロドリゲス、マーク・テシェイラらのベテラン中心選手にケガが相次いだこともあって、「これから1チーム作るんじゃないか?」いう勢いで補強を進めている。獲得した選手を見ていくと……。

ブライアン・マッキャン(捕手)
ジャコビー・エルズベリー(中堅)
ブレンダン・ライアンと再契約(遊撃)
ケリー・ジョンソン(二塁、三塁)

 このうち、ライアンはジーターのケガの状態が不安なための保険。ジョンソンも、もしもカノーがフリーエージェントでチームを去ったり(いまのところ、カノーに関してはマリナーズが大金を使う用意がある模様)、Aロッドが出場停止が決まった場合のこちらも保険。

【次ページ】 レッドソックスからは「大駒」を引き抜き。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
イチロー
ニューヨーク・ヤンキース
青木宣親
カンザスシティ・ロイヤルズ

ページトップ