プレミアリーグの時間BACK NUMBER

攻撃・積極・若手でエバートンが再生。
前任モイーズ越えに挑むマルティネス。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/12/03 10:30

攻撃・積極・若手でエバートンが再生。前任モイーズ越えに挑むマルティネス。<Number Web> photograph by AFLO

11月23日に行なわれた12節マージーサイド・ダービーで、戦況を見つめるマルティネス監督(手前)とリバプールのロジャーズ監督。

「エバートンにはもったいない」――。

 これは、今年6月にロベルト・マルティネス監督を引き抜かれた、ウィガンのデイビッド・ウィーラン会長の発言だ。

 エバートン・サポーターの中には、カチンときた者も少なくなかっただろう。

 昨季で降格したウィガンは、残留争いの常連だった。それに引き換えエバートンは、 リーグ優勝には1987年以来縁がないが、マンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれたデイビッド・モイーズ監督の下で、近年はトップ6争いの常連にまで復活を遂げた古豪なのだ。

「ウチはフルアムとは違う」

 と3年前に不満の声を上げていたのは、中位留りのクラブであるフルアムからロイ・ホジソンを監督として迎えることなった、リバプールのサポーターたちだった。

 そのリバプールと上位を争うライバル、エバートンのファンとしては「ウチはウィガンとは違う」とでも叫びたかったに違いない。

悲願、リバプールに対するコンプレックス解消なるか。

 しかし、今季開幕から3カ月半が過ぎた今、マルティネスが「ウィガンにはもったいない」監督だったことは誰の目にも明らかだ。「エバートンに相応しい」と思い始めているファンが増えていても不思議ではない。

 40歳のスペイン人監督は、モイーズ体制での11年間でも叶わなかった、1つの願いを叶えてくれる指揮官となり得るからだ。

 その願いとは、リバプールに対する「格下コンプレックス」の解消。

 リバプール市内のエバートン陣営は、長い日陰の歴史を持つ。「市内の最強2チームはリバプールの1軍と2軍」と言ったのは、半世紀以上も前に敵陣の将となったビル・シャンクリー。21世紀に入っても、この宿敵がトップ4から漏れている近年こそ2年連続で順位で上に立ったが、ファンが意識する直接対決では圧倒的に分が悪い。

 リーグ戦のホームとアウェーで勝利する“ダブル”の快感を、最後に味わったのは四半世紀以上も前のこと。あのモイーズの下でさえ、計22回のリーグ対決で3勝12敗7引分けと負け越し、結局敵地では1度も勝てずじまいだった。

【次ページ】 前任者モイーズとはまったく対照的なアプローチ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
リバプール
エバートン
フルアム
ロベルト・マルティネス
ウィガン
デイブ・ウェラン
ロイ・ホジソン
デイビッド・モイーズ
ブレンダン・ロジャーズ
ロメル・ルカク
ロス・バークリー
ジェームズ・マッカーシー
レイトン・ベインズ
ジェラール・デウロフェウ
ギャレス・バリー
ブライアン・オビエド

ページトップ