ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

ドイツで不動の地位を築いた長谷部。
欧州で輝くための次なる条件とは? 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/10/14 10:30

ドイツで不動の地位を築いた長谷部。欧州で輝くための次なる条件とは?<Number Web> photograph by Getty Images

アルゼンチン戦では岡崎慎司の得点に絡む活躍を見せた長谷部誠。ザックジャパンでの成果をクラブでも活用できるか?

 ひょっとしたら今シーズンは、長谷部誠にとってドイツに来てから最高のシーズンになるかもしれない。

 ただ、一つの条件がある。

 ドイツで最も裕福なクラブと言われるヴォルフスブルクは、例年通り派手な補強を行なった。今夏の補強に費やしたのは約40億円で、ブンデスリーガのクラブの中で最高額だ。

 長谷部が今季からプレーするボランチには、ブラジル人のシセロがヘルタ・ベルリンから加わった。ヴォルフスブルクのディータ・ヘーネスGMがヘルタのGMを務めていた時代から、その才能を高く評価している選手だ。

 ワールドカップでの戦いを終えてチームに合流した直後には、長谷部は少しばかり不安を口にすることもあった。

「厳しいといえば、厳しい戦いになる。(これまでとは)また違う感じでね」

スタメン復帰後、3勝1分。長谷部が獲得した監督の信頼。

 ところが、どうだろう。

 右ふくらはぎの打撲により、開幕から2試合を欠場したものの、今では不動のレギュラーとなった。攻撃では難しいことをせずに確実にパスをつなぐ。守備ではポジショニングに気をつかい、中央のエリアで相手にスペースを与えない。必要とあれば、ユニフォームを汚して、敵に、ボールに食らいついていく。

 ドルトムント戦で後半8分からの途中出場ながら戦列に復帰すると、それ以降の4試合ではすべてスタメン、フル出場を果たしたのだ。開幕から3連敗を喫していたチームは、長谷部がスタメンに復帰してから3勝1分と見違えるような成績を残している。

 最近の4試合の中でジョズエ、カーレンベルク、ジエゴら他の中盤の選手は途中交代を命じられることがあったが、長谷部はただの一度も交代させられることはなかった。マクラーレン監督からの信頼は厚い。監督から個別に呼び出され、連敗中の映像を見せられながら、どのような動きをしてほしいのか、手ほどきを受けたこともある。

「自分が試合に出ていないときにうまくいかなくて、個別にミーティングに呼ばれて話したり。なんか、こう……監督からは中盤で守備を託された気がした」

 プレシーズンのころには通訳を交えて監督と話をしていたが、今では英語を駆使して直接話をするようになった。「聞き取りはだいぶいけるようになった。まだ話すのは全然だけど」と本人も語っている。

【次ページ】 「得点の匂いが感じられない」と厳しい評価も……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
長谷部誠
ヴォルフスブルク

ページトップ