Survive PLUS ~頂点への道~BACK NUMBER

吉田麻也が何度も繰り返し語った、
「絶対負けてはいけないこと」とは? 

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2013/03/05 10:30

吉田麻也が何度も繰り返し語った、「絶対負けてはいけないこと」とは?<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

3月3日の28節終了時点で24試合連続フル出場している吉田麻也。取材では、試合映像を観ながら、明確な問題意識と自らのプレーへの冷静な視点を交えながら、40日間の激戦を振り返ってくれた。

発売中のNumber823号よりスタートした、サウサンプトン・吉田麻也選手の
新連載「Survive ~日本人DF 頂点への道~」。
Number Webでは、雑誌と連動したウェブオリジナル連載
「Survive PLUS ~頂点への道~」として、Number本誌には
掲載されなかったエピソードや、取材の舞台裏などをお届けします。

第1回の今回は、取材中、吉田選手が何度も繰り返した“あるフレーズ”に
ついて、Number本誌とは違った視点から掘り下げていきます。

 ゆったりとソファにもたれ掛かっていた吉田麻也が、そばに置いてあったパソコンをおもむろに操作し始めた。パソコンは、テーブルを隔てたテレビに接続されている。目の前の画面に、吉田のプレーシーンが編集された試合映像が流れ始めた。

「プレミアリーグに来てからも、こうやっていつも試合が終わった後に自分のプレーを見返すようにしているんですよ」

 吉田は毎試合後、必ず映像で細かく自分のプレーをチェックしている。

 これは、VVVフェンロ(オランダ)でプレーしていた時代からのルーティーンワークだ。自身のプレー以外にも、チームのチャンスや得失点シーンまで編集されていた。

「ここでしっかり決めてくれよ!」、「このプレー見てください、シビれますよね!」などと言っては、あたかも観戦者のように感嘆の声を上げることも。吉田を見ていると、シビアな戦いの場に身を置くプロプレーヤーではなく、一人のサッカーファンとして競技を観ることを純粋に楽しむ青年、といった印象を受けることもしばしばある。

センターバックは、ヘディングでは絶対に負けてはいけない。

 ただし、自分が本当に見直したいシーン、頭の中に色濃く刻まれていたプレーの瞬間が画面に流れると、すぐさまサッカー選手としての真剣な視線と表情を取り戻すのであった。

 今回、現在発売中のNumber823号に掲載されている新連載「サバイブ」第1回目の取材として、1月1日のアーセナル戦から2月9日のマンチェスター・シティ戦までの約1カ月半、吉田の戦いを追った。この期間を通して、彼があるフレーズを何度も口にしていたことが印象的だった。映像を前にした会話の中でも、その言葉は飛び出した。

Maya Yoshida
1988年8月24日、長崎県生まれ。'07年名古屋グランパスでトップデビュー。'10年アジア杯予選でのA代表デビュー以降、不動のレギュラーに。19歳で出場した北京に続き、ロンドン五輪にはオーバーエイジ枠で参加、主将としてベスト4に大きく貢献した。'12年夏フェンロからサウサンプトンに移籍。189cm、81kg

「プレミアリーグでは、センターバックはヘディングでは絶対に負けてはいけないんです」

 体はソファに沈めたままだったが、そんなリラックスした体勢とは裏腹に、吉田はきっぱりと断言した。そして自分に言い聞かせるように、力強く言葉を放った。おそらく、交錯するさまざまな思いが込められていたのだろう。それは吉田の口調からも感じ取れ、また何度も同じフレーズを発していたことからもうかがえた。

 この時、画面に映っていたのはチェルシーのストライカー、デンバ・バだった。189cm、85kgの強靭な体格を持つ選手との駆け引きについては、Number本誌連載の記事で吉田自身に詳しく語ってもらったが、FA杯とリーグ戦でともに得点を奪われている。吉田も彼の力強さやスピーディな動きに翻弄された。

【次ページ】 なぜ、吉田は同じフレーズを繰り返したのか。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
吉田麻也
サウサンプトン

ページトップ