欧州CL通信BACK NUMBER

香川真司が見せた“不思議な笑み”。
レアル戦で受けた世界最高峰の衝撃。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2013/02/14 11:25

香川真司が見せた“不思議な笑み”。レアル戦で受けた世界最高峰の衝撃。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

世界最高峰の戦いを肌で感じることになった香川。C・ロナウドと競り合った時に感じた喜びと悔しさが、さらに香川を成長させるはずだ。

 先制しただけに悔しさも残っていたはずだ。望むような形でボールに触る回数も少なかった。交代は後半19分。もっとプレーしたかったという思いもあったに違いない。

 それでも、試合後の香川真司は不思議な笑みを浮かべていた。まるで何か面白いものを見つけたときのような、わくわくしているかのような表情がそこにはあった。

「レアルは正直強かったです。ボールの取りどころもなかなか見つからなかった。ロナウドは世界でナンバーワンの選手だと肌で感じられたし、ひとりひとりのスキル、技術、スピード、フィジカルを比較したときに、僕自身もっともっと成長しないといけない、と。レベルの高さはすごいものがありましたね」

――なんだか、楽しそうですね?

「いや、楽しそうというか、レアルに見せつけられたから……。この現状を深く受け止めないといけないと思います」

香川が生きる形でボールが動くことは、ほとんどなかった。

 2月13日のCL決勝トーナメント1回戦1stレグ。試合の前日会見でファーガソン監督は彼の起用を明言してはいたものの、イングランド、スペイン両国のメディアは揃って途中起用と予想していた。

 しかしクリスティアーノ・ロナウドとコエントランの左サイドの攻撃力を考慮したファーガソンは、守備でも貢献できるルーニーを4-2-3-1の右サイドに置き、香川をトップ下で先発起用する。

 試合前、香川には指揮官からこんな指示が出ていたという。

「バイタルエリアとボランチの裏のスペースでボールを受けて速い攻撃を仕掛けろ」

 キックオフ前に香川は、ピッチの上で1トップを務めるファンペルシと配球役のキャリックに歩み寄り、ジェスチャーを交えながら入念に動きを確認した。

 ふたりは香川が、相手の「間」でボールを受けるために欠かせない選手でもあったからだ。

 しかしこの試合、香川が生きる形でパスが入ることはほとんどなかった。

【次ページ】 マンUに攻撃のスイッチを入れさせなかったレアル。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
マンチェスター・ユナイテッド
レアル・マドリー
香川真司
アレックス・ファーガソン
クリスティアーノ・ロナウド
ファビオ・コエントラン
ロビン・ファンペルシ
ウェイン・ルーニー
セルヒオ・ラモス
シャビ・アロンソ
サミ・ケディラ
ダニー・ウェルベック
カリム・ベンゼマ
メスト・エジル
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ