Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<FIFAマスターでの悪戦苦闘の日々> 宮本恒靖 「毎日の授業、必死ですよ」 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byKai Sawabe

posted2012/11/28 06:01

日本代表の主将まで務め、2度のW杯に出場した男が、
イギリスの地で新たなフィールドへの挑戦を始めている。
スパイクを教科書に持ち換えても、そのスタンスは揺るがない。
元日本人プロサッカー選手として初めてFIFA大学院で学ぶ彼が
改めて学問に向かう、その志と慣れない勉強の日々を語った。

 イギリス・レスター。

 移民の街、学生の街と言われるように、多国籍の学生たちで溢れている。デ・モントフォート大学内の待ち合わせ場所に宮本恒靖が歩いてきた。学生然とした雰囲気で、キャンパスによく馴染んでいる。現役時代の象徴だった日焼けもなくなった。かなり勉学に勤しんでいるのだろう、いくらか疲れも見える。

「今日のテストもメッチャ頭使ったからね」と苦笑する学生生活。

「疲れている? テスト勉強大変やったし、今日のテストもメッチャ頭使ったからね」

 宮本は、苦笑混じりにそう言った。

 昨年12月、現役引退を表明した席上、国際サッカー連盟運営の大学院「FIFAマスター」への進学を発表した。だが、大学院にどんな人が集い、何を学び、何を目指す場所なのか、詳細が今ひとつ分からなかった。渡英して数カ月、宮本はどんな学生生活を送ってきたのだろうか。

「8月に語学から始まって、カリキュラムが本格的にスタートしたのは9月。学生は24カ国から30人が参加して、女性が11人。年齢は23歳から35歳まで。自分が最年長だけど、平均は28、29歳ぐらいかな。元プロサッカー選手は過去12年間で俺だけみたいで、弁護士、元TV局員やコンサルティング会社出身とか色々いて、かなりユニークな集まりやね」

5人制の寮住まいも「勉強するだけだから、不自由はしてない」。

 ある日のスケジュール
 
7:00 起床
 
7:30 軽く朝食を取った後、大学へ
 
9:00
~10:30
講義「オリンピックの歴史」
 
11:00
~12:30
講義「オリンピックの歴史」Ⅱ
 
12:30 学食でランチ
 
14:00
~15:30
講義「現代欧州における身体文化」
 
16:00
~17:30
「ファイナンス講座」
 
19:00 寮の仲間の作ったパスタで夕食
 
21:00 講義で使う文献を読む
 
23:00 Facebookで日本の友人に近況報告
 
24:00 就寝

 現在、宮本は5人制の寮住まい。とはいえ2段ベッドの相部屋ではない。それぞれ個室があり、共有スペースのリビングがある。個室は、四畳半ほどでベッドと机、クローゼットで一杯だ。一番早く予約したが、一番狭い部屋を当てがわれたという。

「でも、勉強するだけなんで、別に不自由はしてないけどね」

 月曜日から金曜日まで講義があり、土日はオフ。宿題はないが、夜は講義のための参考文献などを読むなど、基本的には机に向かっている。内容は、現在はもっぱらスポーツの近代史のような内容が多いという。

「今勉強しているのは、近代スポーツがどういう風に欧州に広がっていったのか。プロフェッショナルスポーツの成立とか……。どういう内容かと言うと、今日のテストにもあったけど、例えばマスキュラークリスチャニティ(筋肉的キリスト教)は、英国での近代スポーツの発展と拡散にどういう影響を及ぼしたのか、とかね。でも、どういうことかちょっと分からないでしょ?」

<次ページへ続く>

【次ページ】 宮本が学ぶ、英国の近代スポーツと宗教の関係性とは?

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ