Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<海外挑戦9年目、流浪のドリブラー> 松井大輔 「ブルガリアで振り返る空白の4年間」 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byKai Sawabe

posted2012/11/29 06:01

<海外挑戦9年目、流浪のドリブラー> 松井大輔 「ブルガリアで振り返る空白の4年間」<Number Web> photograph by Kai Sawabe
目覚ましい活躍を遂げた南アフリカW杯以降、
いつしか彼の名を聞かなくなった。そして今夏、
慣れ親しんだフランスを離れ、馴染みの薄い
東欧のクラブへ。このまま終わるわけにはいかない――。
不遇の4年間を回想し、復活への決意を語る。

「もう、9年目っすかぁ」

 松井大輔は昔を懐かしむように言った。京都から海外に飛び出し、フランス2部リーグのル・マンに移籍したのは2004年9月、23歳の時だった。

あれから8年、2カ国5チームを渡り歩いて辿り着いたブルガリア。

「最初は1、2年で日本に戻るんだろうなって思ってたんですけどね」

 あれから8年が経過し、2カ国5チームを渡り歩き、9年目となる今シーズンは東欧の国ブルガリアへと辿り着いた。

「今思えば、短かったなぁって感じ。俺の場合、ここ4年間のことがあるんで余計にね」

 そう言うと、声を出して笑った。

 すでに日本でプレーした以上の年月を海外で過ごしている。だが、これまでの道のりは決して順風満帆ではなかった。とりわけこの4年間は怪我もあり、試合から遠ざかる時間が長かった。それでも、今なお海外での挑戦を続けている。

「ル・マンにいた頃は、結果しか見てなかったですね。スタンドにはいろんなクラブのGMや代理人がいて、1点取れば違う代理人から電話が掛かってくるような状態だった。選手はみんな『ビッグクラブに行きたい』って考えていて、どこに行きたいかをシャワールームで話し合うのが日課になっていた。実際、仲間が数億円でいろんなチームに移籍して、その金でクラブハウスが出来たり、スタジアムが改修されたり、会長がベントレーに乗ってきたり。身近にすごい世界が見えていたので、結果を求めて高いモチベーションでサッカーしていた」

「ル・マンの太陽」が、サンテティエンヌで過ごした不遇の時。

 その活躍から「ル・マンの太陽」と称された松井は、4年目にリーグ戦34試合出場5得点という結果を残し、ひとつの区切りをつけた。'08-'09シーズン、ステップアップして行ったチームメイト同様、松井もフランス1部のサンテティエンヌへ移籍した。

「各国の代表選手がいるチームで自分がどのくらいやれるのか、単純に勝負したかった。でも、自分のポジションには監督と仲の良い選手がいたんで、試合に出られなかった。12月にリールからレンタルのオファーが来たけど、何の結果も残していない自分が行けるわけないじゃないですか。そうこうしてるうちに日本代表でもベンチスタートが多くなった。岡田(武史)監督に『なんで使ってくれないんですか?』って聞いたら、『お前、(クラブで)試合に出てないだろ』って言われて。クラブでイマイチ、代表でもダメ。八方塞がりな状態で、精神的にツラかったですね」

【次ページ】 グルノーブルで出場機会を得て、'10年W杯では躍動。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
松井大輔
スラビア・ソフィア

ページトップ