スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

成功と言える1年目だが不安材料も。
ダルビッシュが克服すべき課題とは? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/10/14 08:02

成功と言える1年目だが不安材料も。ダルビッシュが克服すべき課題とは?<Number Web> photograph by AFLO

今季最後の試合となったワイルドカードゲームで、ワシントン監督から交代を言い渡されるダルビッシュ。

「マラソンを走れと言われて走って、30キロ地点で『さあスパート』というところで止められたみたいな感じ」

 絶妙な表現である。

 メジャーリーグでの1年目のシーズンを終えたダルビッシュの言葉である。

「終わったという実感もない。明日? こんなに早く終わるとは思っていなかったんで何をすればいいんでしょう」

 ワールドシリーズ優勝を狙っていたレンジャーズにとっては納得のいかないシーズンだっただろうが、それでもルーキーのダルビッシュにとっては、16勝をあげ、1試合だけのワイルドカード決戦を任されたのだから、大成功のシーズンだったといえるだろう。

ダルビッシュは「3年目のジンクス」を乗り越えるか?

 ダルビッシュほど、素質に恵まれている投手はそうそう出現しないから、メジャーリーグで長いキャリアを積んで欲しいのだが、日本人投手の場合、1年目の結果はそれほどキャリア全体に反映しない。

「3年目のジンクス」があるからだ。

 日本人投手は野茂英雄のデビュー以来、1年目に華々しい活躍するケースが目立つ。石井一久、そして松坂大輔も1年目でワールドシリーズ優勝に大きく貢献した。

 ところが3年目からやや陰りが見え始める選手と、成績を伸ばす選手に分かれてくる。そこが「キャリアの分かれ道」なのだ。

 現在、メジャーリーグで活躍するふたりの投手を例にとってみよう。

投手   1年目 2年目 3年目
黒田博樹 勝敗 9勝10敗 8勝7敗 11勝13敗
ERA 3.73 3.76 3.39
投球回数 183.1 117.1 196.1
三振/9 5.70 6.68 7.29
四球/9 2.06 1.84 2.20
 
松坂大輔 勝敗 15勝12敗 18勝3敗 4勝6敗
ERA 4.40 2.90 5.76
投球回数 204.2 167.2 59.1
三振/9 8.84 8.27 8.20
四球/9 3.52 5.05 4.55
 
ダルビッシュ有 勝敗 16勝9敗  
ERA 3.90  
投球回数 191.1  
三振/9 10.40  
四球/9 4.19  
※投球回数の小数点は、0.1は1/3回、0.2は2/3回を意味しています。

 ヤンキースで活躍する黒田博樹は3年目に浮上のきっかけを得た。

 反対に松坂大輔は華々しいデビューを飾りながらも3年目に大きく成績を落とした。

【次ページ】 松坂の不振で広がった「3年目のジンクス」という言葉。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
テキサス・レンジャーズ
ダルビッシュ有
松坂大輔
黒田博樹

ページトップ