フットボール“新語録”BACK NUMBER

“爆発的な選手”には“正しい休息”を。
オランダ発の新トレーニング理論とは? 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/09/11 10:30

“爆発的な選手”には“正しい休息”を。オランダ発の新トレーニング理論とは?<Number Web> photograph by AFLO

今夏、イギリス代表としてロンドン五輪にも出場したウェールズ出身のクレイグ・ベラミー。サイドから快足を活かしたドリブルで、ゴールへと向かっていくプレーが持ち味である。

「爆発的なスピードを持つストライカーやセンターバックは、
みんなと同じ量のトレーニングをする必要はない」
レイモンド・フェルハイエン 
(オランダ人コンディショニングコーチ)

 今年1月、オランダ発の新コンディショニング理論、『ピリオダイゼーション』を取り上げたところ大きな反響を頂いた。

 オランダ人のレイモンド・フェルハイエンが十数年前から提唱している理論で、レイモンドはヒディンク監督の右腕として韓国代表の2002年W杯ベスト4やロシア代表のユーロ2008のベスト4を陰で支え、その他にもライカールト監督時代のバルセロナでトレーニング改革を成功させた。

 簡単に復習すると、この理論の特徴はサッカーにおけるプレーの「爆発力」と「アクションの頻度」を向上させることにある。

 イメージで表すと、次のようになる。

 x → X (爆発力の向上)
  X.........X → X...X...X...X (アクションの頻度の向上)

 また、この能力を90分間どれだけ保てるかという「持続性」にも取り組む。

 具体的には週に約1回、フィジカル能力アップのためのトレーニングを行い、6週間を1サイクルとして、1年間のスパンでコンディショニングとフィジカルを上げていく。今や世界中で『ピリオダイゼーション』が実行されている。

選手個人の特徴や能力によって練習内容は変えるべき!?

 もちろんレイモンドのような改革者の理論が、いつまでも同じところで踏みとどまっているわけがない。約3年前から、レイモンドは新たな試みを始めている。それが選手個々の能力を考慮した『インディビジュアル・ピリオダイゼーション』だ。

 レイモンドがこの理論を始めるきっかけになったのは、選手たちからの苦情だった。たとえば、あるセンターバックの選手は、試合の中で中盤の選手ほどには動かないのに、同じ量のトレーニングをすることに疑問を抱いていた。また、ベテランの選手の中には、日々の練習量を減らしてほしいという声もあった。

 こういうことは誰もが漠然と気がついてはいるものの、なぜかサッカー界では全員がすべて同じトレーニングをするのが通例となっている。レイモンドは、その常識を壊すべきだと考えるようになった。

 レイモンドは言う。

「サッカーはチームスポーツですが、負荷に耐えられる許容量は個々によって異なってくる。チーム全体に同じトレーニングの負荷をかけると、ある選手にとってはすごく簡単なトレーニングになるし、ある選手にとっては負荷が高すぎるトレーニングになるかもしれない。それを解決すべきなのです」

【次ページ】 速筋が多い「“爆発的な選手”には正しい休息が必要」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
レイモンド・フェルハイエン
フース・ヒディンク
クレイグ・ベラミー
マンチェスター・シティ
ロベルト・マンチーニ
ロン・フラール
アストン・ビラ
フェイエノールト

ページトップ