Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<“燃え尽き”を乗り越えて> マイケル・フェルプス 「水に戻ってきた8冠王者の最終章」 

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/07/24 06:02

<“燃え尽き”を乗り越えて> マイケル・フェルプス 「水に戻ってきた8冠王者の最終章」<Number Web> photograph by AFLO
北京五輪で8冠を獲得して以降は目標を見失い、どん底の時期を過ごした。
一度は“燃え尽きた”怪物が、ロンドンで最後の挑戦に臨む理由は何なのか?
Number806号(6月21日発売)で語った、4年間にわたる苦悩の日々――。

「ずっと目標にしてきたことを達成して、その後、どうしたらいいのか分からなくなっていた」

 2008年北京五輪で前人未到の8冠を成し遂げた水の怪物マイケル・フェルプス。だが、彼は快挙達成後の2年半、出口のない暗いトンネルをさまよっていた。

 2004年アテネ五輪の際も大会前に7冠を宣言したが、200m自由形でイアン・ソープに敗れ6冠に終わった。北京でそのリベンジを果たそうと、4年間、過酷な練習に耐えてきた。毎朝6時過ぎにはプールに向かい、多い日は1日8時間近く水の中で過ごした。すべての時間が水泳のために費やされた。

 北京五輪では予選も含め9日間で17レースを消化。1日に決勝レースを2本泳ぐという超人的なスケジュールもあったが、持ち前のスタミナと強靭な肉体、そして強い精神力で乗り切った。

「すべてがパーフェクトだった」

 満面の笑顔で北京を離れることができた。

極限まで追いつめた北京五輪後に待ち受けた“バーンアウト”。

 しかし、心身を極限まで追いつめた反動は大きく、帰国後のフェルプスは抜け殻のような状態に陥った。

 数週間の休暇の後、再び水に戻ったが、何かが違う。これまでと同じようにキック、ストロークを繰り出しているのに違和感だけが残る。しばらくは疲労が残っているのだろうと考えていた。だが、徐々にプールに行くのも億劫になった。北京で8つの金メダルを獲得したことで、水泳への情熱が泡のように弾けて消えてしまったようだった。

「おかしな感じだった」

 前に進みたい、進まなければと思いつつも、心にも体にも力が入らない。「バーンアウト(燃え尽き)」という表現を使うことを、フェルプスは避けるが、五輪後の無気力な状態は、一般的に言われている燃え尽き症候群そのものだった。

【次ページ】 ロンドンで、より高い頂を目指すことへのためらい。

1 2 3 4 5 NEXT
1/5ページ
関連キーワード
マイケル・フェルプス
ロンドン五輪
オリンピック
水泳

ページトップ