SCORE CARDBACK NUMBER

シャラポワの前に立ちはだかる
時代の壁。
~女王復帰の条件とは?~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2010/04/19 06:00

今年の全豪は初戦で敗退。シャラポワが4大大会の1回戦で負けたのは2003年の全仏以来

今年の全豪は初戦で敗退。シャラポワが4大大会の1回戦で負けたのは2003年の全仏以来

 テレビでマリア・シャラポワの姿を見る機会がめっきり少なくなった。日本のテレビ界だけでなく、ツアーでも存在感が薄れつつある。四大大会で活躍していないのと、故障がちでしばしばツアーを離れているからだ。

 1月の全豪オープンは1回戦敗退。昨年の四大大会も、全仏では8強に入ったが、ウィンブルドン2回戦、全米は3回戦と大会序盤で敗退している。この2月には米国・メンフィスの大会で優勝したものの、3月に右ひじを痛め、今のところ復帰のメドは立っていない。

 ケガが軽いものであってほしいと願うばかりだが、ひじが治っても復活への道は険しいものとなるだろう。最近のシャラポワは、相手の粘りや逆襲に苦しむ場面が増えているからだ。持ち前の強打がカウンターショットで切り返されてしまう。そうしてラリーが長引くうちに、足がバタバタしはじめ、ショットをミス。そんな場面を何度も見てきた。

非力な選手がパワーテニスを凌駕する。

 少し前に「パワーテニスの時代は終わった」という言葉を聞いた。発言の主はクルム伊達公子のツアーコーチ、坂本正秀。「非力な選手もパワーテニスに力負けしなくなった。スピードに慣れ、フィジカルも向上したため、強打されても逆襲できるようになった」というのだ。

 ウィリアムズ姉妹がそろってトップ10にいるのだから、パワーテニスが終わったと言い切るのは時期尚早だが、非力でも俊敏な選手がカウンターショットと戦術でパワーテニスを凌駕していく、という彼の予測には説得力がある。また、その傾向はすでに明らかだ。少し前まで世界ランク1位だったディナラ・サフィナやアナ・イバノビッチといったパワー系選手の成績が、じり貧なのだ。そして、シャラポワも今まさにパワーテニスの限界と戦っているように見える。

 現在、世界ランク14位のシャラポワは、再び上位に戻るために何が必要かと記者に問われ、「練習時間を増やすこと。肉体的にも精神的にも強くなること」と答えている。もともとメンタルは一級品であり、泥臭く勝ち星を拾っていくことはできるだろう。しかし、パワーに頼るだけでは、返り咲きは容易ではないはずだ。四大大会では常に優勝争いに顔を出してほしい選手であり、テニス界に欠かせない個性であることは間違いないのだが。

■関連コラム► ブーム再来を予感させる、シャラポワの急成長。 (06/10/12)
► マリア・シャラポワ 奇跡を生んだバランス。 (05/02/03)

ページトップ