SCORE CARDBACK NUMBER

スランプを乗り越えた、
伊達の向上心と覚悟。
~全豪オープン本戦出場へ~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiroshi Sato/Mannys Photography

posted2011/12/26 06:00

スランプを乗り越えた、伊達の向上心と覚悟。~全豪オープン本戦出場へ~<Number Web> photograph by Hiroshi Sato/Mannys Photography

ダンロップWCで準優勝したクルム伊達(右)。2011年シーズンは自身最多の30大会に出場した

 もちろん待っていたわけではないが、可能性を考えないわけにはいかなかった。再チャレンジの4年目。クルム伊達公子の世界ランキングは一時、144位まで落ちた。四大大会は本戦圏外。ツアー大会も予選から出場しなくてはならない位置だ。下部ツアーを回ることになってもチャレンジを続けるのか、もしかしたら'11年限りの引退もあるのではないかと考えていた。

 ところが、10月下旬に快進撃が始まった。ツアーは終盤戦、伊達が出場できるのは下部ツアーの大会だけだった。ポワチエ(フランス)で約2カ月ぶりの白星を挙げると、そのまま突っ走って優勝。翌週は台湾で準優勝。さらに豊田市のダンロップワールドチャレンジでも準優勝と、ポイントを荒稼ぎして88位までランキングを戻したのだ。これで1月の全豪オープンは本戦からの出場が確定だ。

 ポワチエで優勝を決めると、ブログに「うれしいうれしい、大きな大きな優勝です」と書いた。端的な言葉が、かえって喜びの大きさを表わしていた。

'12年は下部ツアーを含めたスケジュールを組むことも?

 8月の北米遠征で左手甲を骨折。しばらくすると痛みは消えたが、テニスの感覚は容易には戻らなかった。全米オープンから6大会連続1回戦負け。それでも伊達は「どこかで必ず自分のテニスを取り戻せる」「そのときに備えて体が続く限り戦い続けています」とブログに書き、自分と向き合った。

 豊田の大会で伊達は1年を振り返った。

「スランプあり、けがあり、結果なしという、なかなか厳しい年ではありましたが、その中でも、スランプからどうやって脱出すればいいかとか、その都度、自分の課題を見つけ、乗り越え、悪いながらも自分のやるべきことを見つけながら、やってきた年かなと思います」

 やるべきことを見つけ、というのが彼女らしい。そうやって苦境を乗り越えることも彼女のチャレンジなのだろう。

 '12年は下部ツアーを含めたスケジュールを組むことも考えているという。待遇面はツアーと比較にならないが、ランキングを上げて自信をつけるためには必要と考えるからだ。これには恐れ入った。41歳にしてなお、テニスの質を上げることを目指すという伊達。不可能を可能にしているのは、この向上心、この覚悟なのだ。

■関連コラム ► <ウィンブルドンで得た確信> クルム伊達公子 「貴婦人の激闘」
► 土居美咲に漂うクルム伊達と同じ“匂い”~今季急成長した19歳の強み~ (10/12/18)

関連キーワード
クルム伊達公子

ページトップ