Sports Graphic NumberBACK NUMBER

世界一退屈な街の世界一贅沢なフットボール。 

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2008/12/04 21:39

世界一退屈な街の世界一贅沢なフットボール。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

 〈日本の皆さん、こんにちは。僕の名前はムハンマド、ドーハに住む17歳の高校生です。日本のアニメが大好きで、お気に入りは『名探偵コナン』。放送があるとすぐ録画して、月5回は見ています。趣味が高じて1年前から日本語を学び始めました。

 ところで今度、カタールが日本と大事な試合をするそうですね。そこで先日、日本語教室のアズマ先生からお願いをされました。

 「日本から記者が取材に来るから、カタールのことをいろいろと教えてあげてよ」

 そういうことなら、お任せください。

 数日後、記者さんに会うと身長193cm、体重130kgという僕の巨体に驚いていました。以前は160kgもあったんです。

 ちなみに僕は、10歳のころから砲丸投げをしています。1年前には国の代表としてアラブの大会に出ました。優勝したら政府から家と車をもらえたのですが、8位と負けてしまいました。シリア人がとても強かったのです。

 勝つと家や車がもらえるのは、サッカーも同じです。親戚のサッカー選手が、いつだったか教えてくれました。スターズリーグのカタール人選手は月に750万円くらいもらっていて、家や車は政府から支給されます。外国人選手は、もっともらっているそうです。代表選手は大事な試合に勝つと、報酬が2000万円くらい。家や車?― もちろんです。

 「本当?― 1試合勝っただけで?」

 記者さんが驚きました。どうして驚くのか、僕にはそれが不思議です。僕たちカタール人は結婚すると政府から家をもらいます。電気、ガスは、もちろんただ。え?― 日本人はお金を払っているのですか?― 世界は広いですねえ。その日、僕らは週末にスターズリーグを観に行く約束をして別れました〉

 1993年、日本サッカー界が「ドーハの悲劇」に見舞われたとき、その舞台となったカタールの首都は見栄えのしない湾岸の小さな都市に過ぎなかった。

 しかしいま、カタールは空前の好景気に沸き立っている。秋田県と変わらない面積の小国が、世界3位という天然ガスの埋蔵量を誇っているのだ。そして建設ラッシュが始まった。ウェストベイ地区には高層ビルが林立し、雨後の筍のようにビルが建ち続けている。巨大な商業施設も、次から次へとオープンした。

 イスラムの戒律の厳しさは変わらずとも、カタール人は優雅な暮らしを謳歌するようになった。金庫では札束が「使ってくれ」と啜り泣いているらしい。

 カタール人には「奮発する」という概念がない。買い物に出かけて「新製品」の札を見つけると、サイズや規格を気にせず、まずは買う。道路ではベンツやBMWの事故車両を見かけることも珍しくない。命はともかく、ぶつけたら買い換えればいいだけのことだ。

1 2 3 4 5 NEXT
1/5ページ
関連キーワード
アラウージョ
アルアラビ
アルラヤン
アルサード
スターズリーグ

ページトップ