SCORE CARDBACK NUMBER

Jリーグの注目ポイントは
ロンドン世代の“底上げ”。
~香川、宮市、宇佐美に続け!~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byKenji Yasuda

posted2011/03/19 08:00

Jリーグの注目ポイントはロンドン世代の“底上げ”。~香川、宮市、宇佐美に続け!~<Number Web> photograph by Kenji Yasuda

1日開幕のACL、初戦の対メルボルンで先発出場したガンバ大阪の宇佐美貴史は要注目

 南アフリカからカタールへと続いた日本代表の躍進。その過程で着実に進んでいたのが、世代交代である。

 昨年のワールドカップでは、4試合変わることのなかった先発メンバーのうち、シドニー世代('77~'80年生まれ)が2人、アテネ世代('81~'84年生まれ)が7人、北京世代('85~'88年生まれ)が2人だった。ところが、約半年を経たアジアカップ決勝では、シドニーが1人、アテネが5人と数を減らした一方で、北京は5人にまで増えた。控え選手まで枠を広げれば、北京世代比率はさらに高まる。

 クラブであろうと、代表であろうと、チームが強くあり続けるためには、円滑な世代交代は不可欠。その点で言えば、日本代表は順調であるかに見える。

 だが、お隣の韓国に目を移せば、アジアカップの日本戦では、3人のロンドン世代('89年~'93年生まれ)が先発に名を連ねていた。背番号10を背負ったチ・ドンウォンに至っては、昨年のアジアユース選手権に出場していた19歳だ。

重要なのは例外的なスターではなく、世代全体の成長。

 翻って、日本のロンドン世代である。

 残念ながら、最近2大会連続でU-20ワールドカップ出場を逃しており、国際経験は乏しい。香川真司という突出した存在こそ擁するものの、成績だけを見れば、完全に「谷間の世代」である。

 このまま谷間に埋没するようなら、日本代表の継続的な強化に影響することは必至。伸び盛りの若い選手が来年のロンドン五輪に出場し、国際経験を積むことができれば、'14年を目指す日本代表にとって、貴重な強化策となる。

 そのために必要なのは、世代全体の底上げである。香川に続き、18歳の宮市亮が明るい話題を提供してくれてはいるが、より重要なのは例外的な誰かではなく、日本でプレーする多くの選手がJリーグでの実戦を経て、成長することにある。

 幸いにして、ロンドン世代には、すでにJリーグで出場機会を得ている選手が少なくない。そのなかには、昨季18歳にして7ゴールを記録した宇佐美貴史同様、今季ブレイクの可能性を秘めた選手がまだまだ控えているはずだ。

 3月中の全試合が中止となり再開のメドは立っていないが、今年で19年目となる'93年生まれのJリーグ。その舞台で“同年代”のロンドン世代が、どれほどの成長を見せるのか。3年後の日本代表を占ううえでも、注目すべきポイントである。

■関連コラム► 香川、長友らに続く逸材は……。Jに眠る“未知なる怪物”を発掘せよ!
► <日本代表の未来を担う男> 宇佐美貴史 「伝説を紡ぐ不敵な怪童」

ページトップ