MLB東奔西走BACK NUMBER

この先発陣で優勝しないはずがない!?
フィリーズ圧倒的優位の理由。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2011/02/22 10:30

この先発陣で優勝しないはずがない!?フィリーズ圧倒的優位の理由。<Number Web> photograph by AP/AFLO

2月14日、フィリーズを支える5投手が揃って記者会見を行なった。写真左からロイ・ハラデー、ジョー・ブラントン、クリフ・リー、ロイ・オズワルト

 2月14日。

 バッテリー組のキャンプ解禁日を迎え、ついにメジャーリーグの2011年シーズンが始まった。

 この時期になるとテレビや新聞などのメジャーなメディアはもちろん、様々なところでシーズンの順位予想が行なわれている。そこで、今季、ダントツで注目されているのがフィラデルフィア・フィリーズである。

 今シーズンのフィリーズに対抗できるチームは存在するのだろうか? というくらい、キャンプ前からすでに図抜けた存在となっているのだ。フィリーズの地区優勝5連覇を疑うものは誰一人いないのではないかと思うほどに……。

ハラデー、リー……エース級投手が勢揃いした最強先発陣。

 理由は至って簡単。

 今季キャンプシーズンで最大の関心事になっている“史上最強”とまで評される先発投手陣の存在があるからだ。

 ESPN野球アナリストのバスター・オルニー氏も、「1993年のブレーブス以来の最強先発陣」と論じているほどだ。

 どれ程すごいのかを理解するためにも、まずは今シーズンのフィリーズの先発陣の顔触れを見てほしい。

ロイ・ハラデー(34)   21勝10敗 防御率2.44
クリフ・リー(33)      12勝9敗      同3.18
ロイ・オズワルト(34)  13勝13敗    同2.76
コール・ハメルズ(28)  12勝11敗    同3.06
ジョー・ブラントン(31)  9勝6敗      同4.82
※ 括弧内は今シーズン迎える年齢

 昨シーズンの途中でオズワルトがトレードで入団し、さらにこのオフにリーがFAで再びフィリーズに戻った。ハラデーを含めたこの3投手は過去にシーズン最多勝のタイトル獲得経験を持つ。そこに2008年のリーグ優勝決定戦ならびにワールドシリーズでMVPを受賞したハメルズまでもが加わった。他チームならば間違いなくエース級の投手たちがズラリ勢揃い。まさに垂涎ものの陣容なのだ。

【次ページ】 今季の状況と似るブレーブスとヤンキースの黄金時代。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
フィラデルフィア・フィリーズ
ロイ・ハラデー
クリフ・リー
ロイ・オズワルト
コール・ハメルズ
ジョー・ブラントン

ページトップ