Jをめぐる冒険BACK NUMBER

「大舞台で決める力がある」と自負。
武藤嘉紀は最前線でこそ輝くのでは。

posted2018/06/15 16:30

 
「大舞台で決める力がある」と自負。武藤嘉紀は最前線でこそ輝くのでは。<Number Web> photograph by Getty Images

パラグアイ戦では右ウイングで先発し、2点目に絡んだ武藤嘉紀。どのポジションでW杯のピッチに立つことになるか。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Getty Images

 子どもの頃から最前線でプレーしてきた生粋のストライカーと比べれば、ゴールネットを揺らした回数は圧倒的に少ないかもしれない。

 それでも武藤嘉紀は、自らのゴールで人生を切り開いてきた。

 慶應義塾大在学中、FC東京でプロとなる後押しをしたのは、中央大戦でのハットトリックだった。

 日本代表監督の御前試合で決めたドッペルパック(1試合2得点)が代表選出のきっかけとなり、代表キャップ2試合目のベネズエラ戦での鮮烈なミドルが、文字どおり人生を変えることになった。

 そして、移籍したブンデスリーガで2シーズン続けてチームを残留へと導いたフランクフルト戦、ドルトムント戦でのゴール……。

 チームメイトからボールを呼び込むように、武藤は自らを引き上げる運をも呼び込んできた。

ここ一番で決めてきたという自負。

 ゴールがもたらす価値の重みを知っているから、武藤はきっぱりと言う。

「コロンビア戦で一発決めれば、流れが一気に変わる」

 それだけではない。ここ一番で決めてきたという自負があるから、自信を持ってこう言い切るのだ。

「自分には、大舞台で決める力があると思っています」

 いかに長く失点せずに持ちこたえ、終盤に勝機を手繰り寄せられるか――。

 2カ月前に監督を替えたことでチーム作りが遅れ、ワールドカップでの苦戦が予想される日本代表にとって、それが勝負の分かれ目となる。

 そのためには、誰かが無理をする必要がある。

【次ページ】 スイス戦で見せた獣のような迫力。

1 2 3 4 NEXT
武藤嘉紀
マインツ
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ