くまさんの蹴球漂流記BACK NUMBER

3トップより凄いリバプールの魅力。
聖地アンフィールドの“ご加護”。

posted2018/05/08 10:30

 
3トップより凄いリバプールの魅力。聖地アンフィールドの“ご加護”。<Number Web> photograph by Getty Images

リバプールの聖地アンフィールド。選手は「This is Anfield」の額縁に迎えられ、ピッチに立つ。

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝の顔合わせが決まりました。

 3連覇を狙う王者レアル・マドリーに挑むのは、6度目の優勝を狙う名門リバプール。11年ぶりのファイナル進出です。

 このリバプールの勢いを象徴するのが、プレミアリーグ56ゴールを叩き出すサラー、フィルミーノ、マネの3トップ。しかし伝統のスタジアム、アンフィールドの“ご加護”も見逃せません。

 CLでは5勝2分無敗。プレミアリーグでも11勝7分無敗。独走で優勝を決めたマンチェスター・Cもマンチェスター・Uに惜敗しているので、プレミアリーグ全20チーム中、ホームで負けていないのはリバプールだけなのです。

 荘厳な『You'll never walk alone』の大合唱で知られるアンフィールドは2007年、「英国民が選ぶヨーロッパで最も雰囲気のいいサッカースタジアム」に選ばれた聖地であり、世界中から“巡礼客”が絶えません。私も過去3度、スタジアムツアーに参加したことがあります。

「その昔、ファーガソンさんが……」

 3度もツアーに参加したのは、いろいろな意味で面白いからです。

 ツアーはガイドによる恒例のあいさつから始まります。

「初めましてガイドの○○です。ところで私の英語分かるか?」

 リバプール独特の訛りを逆手に取ったジョークにツアー客は大笑い。しかし、私も含めてよく分かっていない客も少なくありません。

 続いてアウェイチームの入場口のところでも、またひとネタ。

「その昔、ここで大変素晴らしい出来事がありました。アレックス・ファーガソンさんがジャガイモをぶつけられたのです」

 また爆笑。こういうユーモアがJリーグのクラブにもあったらなあ……。“レッズ愛”だだもれのツアーは、中毒性が高いのです。

【次ページ】 ホームチームのドアがなぜか小さい理由。

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
リバプール
アンフィールド

ページトップ