欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

この夏モウリーニョが切る選手は?
マンUの補強策に妄想を膨らませる。

posted2018/05/04 11:30

 
この夏モウリーニョが切る選手は?マンUの補強策に妄想を膨らませる。<Number Web> photograph by Getty Images

グアルディオラ監督率いるシティに後塵を拝しているばかりではいられない。モウリーニョ監督の補強策やいかに?

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Getty Images

【2016-17シーズン】
モルガン・シュネイデルラン→エバートン
バスティアン・シュバインシュタイガー→シカゴ・ファイア
メンフィス・デパイ→リヨン
アドナン・ヤヌザイ→サンダーランド

【2017-18シーズン】
ウェイン・ルーニー→エバートン
ズラタン・イブラヒモビッチ→LAギャラクシー
ヘンリク・ムヒタリアン→アーセナル

 過去2シーズン、マンチェスター・ユナイテッドから何人かの主力、有望株が退団していった。チーム構成上、やむを得ず新天地を求めたベテランもいたが、ジョゼ・モウリーニョ監督に失格の烙印を押されたり、ソリが合わなかったり……。

 シュバインシュタイガーあたりはもう少し活用できたはずだが、その才能の半分も発揮できないまま、夢と希望の国アメリカに旅立っていった。

モイーズ、ファンハール体制のDFを冷遇。

 今シーズン終了後も入れ替えは図られる。粛清の対象となるのがDFだ。マッテオ・ダルミアン、ダレイ・ブリント、ルーク・ショーの3選手が残留する確率は、限りなくゼロに等しい。

 デイビッド・モイーズ、もしくはルイ・ファンハール体制下で獲得した選手に、モウリーニョは正当なチャンスを与えなかった。及第点のパフォーマンスだったとしても、厳しすぎる批判を繰り返してきた。構想外を言い渡したも同然だ。

 そんな3選手に対し、アントニオ・バレンシアとアシュリー・ヤングの両サイドバックは、真面目な練習態度と高いモチベーションの維持がモウリーニョに評価されている。しかし、ともに今年33歳になる。チャンピオンズリーグも含め、中2~4日のハードスケジュールをこなすには難しい年齢だ。

 こうして、ユナイテッドのサイドバックは大刷新のときを迎えた。

【次ページ】 チェルシーの“あの選手”が獲れれば。

1 2 3 4 NEXT
ジョゼ・モウリーニョ
マンチェスター・ユナイテッド

ページトップ