JリーグPRESSBACK NUMBER

鹿島の窮地を救うのは、鈴木優磨!?
「ブーイングがないのは心に来る」

posted2018/05/04 17:00

 
鹿島の窮地を救うのは、鈴木優磨!?「ブーイングがないのは心に来る」<Number Web> photograph by Getty Images

11節終了時点で、鹿島アントラーズの得点数はJ1最少。鈴木優磨のゴールに期待は集まっている。

text by

池田博一

池田博一Hirokazu Ikeda

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ピッチの中と外で、これほど表情が異なる選手も珍しい。

 ピッチの中では、最前線から相手DFを追いかけてチェイシング、マイボールになればポストプレーで起点となり、ときに大きなサイドチェンジを届ける。ゴール前では、頭でも体でもなんとかシュートまで持っていって貪欲にゴールを目指す。

 その存在感は、今季の出場数にも表れる。公式戦17試合を終えた時点で、すべての試合に出場。そのうち15試合でスタメン出場し、今やチームにとって欠かせない存在に成長した。

 金髪ガニ股、相手DFに詰め寄られても、詰め寄り返す負けん気の強さ。その一方で、ピッチを離れれば、周囲からこう言われることが多いという。

「意外と普通なんですね」

 鹿島ユース時代、熊谷浩二監督に“当たり前のことを当たり前に”と厳しく指導されたことが、ピッチ外でも真摯にサッカーへ取り組む姿勢に表れていると言えるだろう。

「ピッチ上と同じだったら、俺、やばい人ですよね」

 それについて、今年22歳を迎えた背番号9は、はにかみ笑う。人は意外な一面に惹かれるものである。

幼稚園のサッカー教室で才能を見出され。

 鈴木優磨は千葉県銚子市で生まれ、幼稚園からサッカーを始めた。

 幼稚園のサッカーの時間に、短期で研修に来た先生にサッカーを教わる機会があった。帰り支度をしていると、その先生に母が呼び止められた。

「この子は才能がある。サッカーを続けた方がいい」

 小学校へ上がるとその言葉通り、アントラーズのスクールに入ってサッカーを続けた。3つ上の兄(鈴木翔大・ソニー仙台)とともに、片道1時間をかけて鹿嶋に通った。送り迎えは主に祖父母だった。

「今思えば、本当に大変だったと思う。兄がいたからとはいえ、やっぱり遠いじゃないですか。それを毎日送り迎えしてくれて。本当に感謝しています」

【次ページ】 王様だった子ども時代から、初めての挫折。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
鈴木優磨
鹿島アントラーズ

ページトップ