One story of the fieldBACK NUMBER

虎の目はどこを見ているのか。
オープン戦最下位の阪神が怖い理由。

posted2018/03/23 11:00

 
虎の目はどこを見ているのか。オープン戦最下位の阪神が怖い理由。<Number Web> photograph by Kyodo News

昨季はリーグ2位。今季は新大砲ロサリオも加入したが、オープン戦では結果が出ず、3月22日現在、2勝10敗1分で最下位にいる。

text by

鈴木忠平(Number編集部)

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 この時期、球界で最も忙しい人種の1つに「スコアラー」がいる。相手チームの情報収集、戦力分析を任されている彼らは、今月末の開幕戦でフタが開く直前、最後の追い込みに奔走している。

 そんな中、スタジアムである球団のスコアラーに会った。

「今は、トラックマンや、セイバーメトリクス、いろいろなデータが手元にあります。野球が変わってきたと感じますね。例えば、打撃なら打球に角度がつけられる打者がどれくらいいるのか。長打を打てる打者がどれくらいいるのか。そこが強いチームの指標ですかね。その点、広島は鈴木誠也、丸(佳浩)なんか、そういう打者が他球団よりいます。今年も頭1つ抜けているでしょうね。

 そして、あとは……、阪神ですね」

 タイガースは目下、オープン戦最下位である(3月22日現在)。関西では期待が高かった反動で、悲観論が渦まいているという。ただ、実際の現場では偵察のプロが、そんな猛虎に危険な牙を見ているのだ。

「調整」ではなく「強化」。

 タイガースの現場に行ってみた。なるほど、こちらの先入観もあるのだろうが、番記者たちの間に漂っている空気は確かに重かった。ただ1年を通じて、勝つ喜びと負けた悔しさをファンに届けるメディアには、ある意味で最も結果がストレートに表れるものかもしれない。

 ではチーム内はどうか。あるスタッフが言った。

「確かに厳しいですよ。特に昨年活躍したピッチャーが苦しんでいることと、エラーが出ているということが……。でも、今もかなりの練習をしているんで、疲れが出ていることも確かだと思います」

 なるほど……。つまりキャンプが終われば「強化」から「調整」へと向かうところを、虎はあえて調整していないということだろうか。

 そんなことを考えていると、金本知憲監督をベンチで支える首脳が目の前を歩いていった。

【次ページ】 金本監督「まあ、弱いわな(笑)」

1 2 3 NEXT
金本知憲
阪神タイガース

ページトップ