Number ExBACK NUMBER

ついに浅田真央の新プロジェクト始動。
全国ツアーで、あの「笑顔」を再び!

posted2018/03/16 17:00

 
ついに浅田真央の新プロジェクト始動。全国ツアーで、あの「笑顔」を再び!<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

「思いを伝えることができたらいいな」――日本全国にはまだまだ浅田真央の滑りを見たことが無い人が大勢いる。

text by

藤森三奈(Number編集部)

藤森三奈(Number編集部)Mina Fujimori

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 平昌オリンピックに注目が集まっていた2月下旬、浅田真央は東京近郊のリンクにいた。

 ひとりではなかった。

 真央自身がオーディションをして選んだ、「浅田真央サンクスツアー」に参加するメンバーたちに囲まれていた。

 福岡、岡山、愛知……全国からやってくるそのメンバーは、姉の浅田舞と無良崇人を除くと“無名”と言っていい選手ばかりだ。彼らと効率的に練習するために、今年に入ってから合宿を重ねていた。

 合宿中は1日3部練の日もある。この日も練習は深夜にまで及んだ。

「みんなそんなに長く滑ったことがないと思うので、朝昼晩の練習ってたいへん? と聞いたら、楽しい! って」

 誰もが「真央となら頑張れる」のだそうだ。

浅田「これまでにないくらいたくさん滑る」

 ツアーのプロデューサーである真央は、選曲、振付け、演出をこなしたうえで、「これまでにないくらいたくさん滑る」という。キャストが滑るプログラムと、真央、舞、無良がソロで滑るプログラムが交互に続く構成になる。

「すべてが新しい試みで、私自身が楽しくてしょうがないんです。私がソロで滑る回数はこれまでのショーにはないほどの多さで、それは大きな挑戦です。どのプログラムを滑るかはお楽しみですが、ラフマニノフのフリーは予定しています」

 ショーの名前も自分で決めた。

「『シャイン』『プレゼント』『ライト』『ギフト』とかいろいろ案はあったんですけど、やっぱり子供から大人まで分かる『サンクス』という私の気持ちを込めたものにしました」

【次ページ】 浅田舞、無良崇人ほか多くの人の協力が。

1 2 NEXT
浅田真央
浅田舞
無良崇人

ページトップ