オリンピックPRESSBACK NUMBER

竹内智香は「人として」金を目指す。
自分でボードを作り、感覚で滑る。

posted2018/02/21 17:00

 
竹内智香は「人として」金を目指す。自分でボードを作り、感覚で滑る。<Number Web> photograph by AFLO

竹内智香にとっては4度目だったソチ五輪では銀メダルを獲得。平昌の目標はもちろん金だ。

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 羽生結弦が表彰台の頂点に立つまで、日本勢は平昌五輪で金メダルとは無縁だった。

「あらためて、金メダルを獲ることって、本当に大変なんだと感じた」

 韓国入りを直前に控えた竹内智香。心の中のつぶやきが思わず口から飛び出した。

 スノーボード女子パラレル大回転の日本代表。今大会で実に5大会連続の五輪出場となる。日本人の女子スノーボード界の第一人者として知られ、さらに前回のソチ五輪で銀メダルを獲得すると、一気に注目度は上昇した。

 今大会前にもテレビ各局から取材を受け、新聞各社もその動向を追った。五輪が迫るにつれてピリピリムードが高まる選手もいる中、竹内はいつもと変わらず明るく、まっすぐな対応を繰り返した。

「メディアの人たちを敬遠しても、本番で滑った後のゴールエリア付近には山のように記者やファンの人たちがいる。私にはそこにある不変なものを省こうとする考えはない。受け入れた方がいい。

 やっぱりたくさんの方に応援してもらえるから、オリンピックの価値がある。その価値や意義を伝えてくれているのはメディアであり、それを子供の頃から目にした選手たちが大舞台を目指したいと思う。さんざん夢をたくさんもらっておいて、都合のいいときだけ露出して、でも嫌がる時は嫌がって。私はそれはできないですね」

 こんなところにも、真っ直ぐな考え方が垣間見える。本人の言葉通り、カメラやレコーダーを向けられればしっかりと受け答えし、五輪への思いを包み隠さず話してきた。

 2018年、新年早々にはあの葉加瀬太郎氏のオープニング曲で有名なドキュメント番組にも出演。2月の本番に向けて、彼女の周囲も徐々に盛り上がってきていた。

断食でつきとめた食物アレルギー。

 ドラマやハプニングに事欠かない、この4年間だった。

 ソチ五輪後に欧州を転戦している最中、突然食物アレルギーになり競技どころではなくなった。初めは理由がわからず、ひどい時は陽に当たるだけでも皮膚が腫れ上がった。

 そのまま原因が特定できず、半年ほどが過ぎた。外出する際は帽子にサングラスに日傘。薬も選手生活のことを考え無闇に飲めない中、断食をしたことで症状が止まり、食べ物が主因であることを突き止めた。その後、アメリカの先進的な方法で血液検査をしたところ、卵と乳製品と小麦のアレルギーであることがわかった。

「それ以降は食材にものすごく気を使うようになった。海外生活が長い中でも、スーパーに行ってはその食べ物の成分表をじっくり見て選んで。体づくりの根幹から見直しました」

【次ページ】 ケガの期間は「すごくハッピーだった」。

1 2 3 4 NEXT
竹内智香
羽生結弦
平昌五輪
オリンピック

ページトップ