マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

佐藤世那、3年目のフォーム改造。
過去2年を捨てるたった1人の覚悟。

posted2018/02/14 10:30

 
佐藤世那、3年目のフォーム改造。過去2年を捨てるたった1人の覚悟。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

甲子園での活躍と、ドラフト6位。佐藤世那が化けることを楽しみにしているファンは数多くいるはずだ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 オリックスバファローズ・宮崎キャンプのブルペンは、横に10人の投手が並んで同時にピッチング練習ができる壮大なスケールを誇る。

 プロ116勝のエース・金子千尋と、3年目未勝利の吉田凌(東海大相模高)が同じ時間と空間を共有する。そんな刺激的情景が現実のものとなる。

 そのブルペンに向かって、歩いてくる3人のユニフォーム姿。

 頭1つ半抜けた長身を真ん中に、右に中肉中背、左の1人は見るからにスリムな幼い体の線が残る。

 ひと際長身が目をひくのが、5年目吉田一将(JR東日本)。右が3年目の佐藤世那(仙台育英高)、まだ首も細く顔も小さいのがドラフト4位のルーキー・本田仁海(星槎国際高湘南)だ。

「なんだよ、3人ともボール受けたことあるよ!」

 思わず叫んでしまったから、“4人”で大笑いになった。

佐藤世那と本田仁海で貸切のブルペン。

「受けてる率、高いですよね、ウチ!」

 兄貴分格の吉田一将が返してきたから、そうかな……と数えていって、山崎福也(明治大)、東明(大貴・富士重工)、去年で引退したけど坂寄晴一(JR東日本)に、おお、そういえば守護神・平野佳寿(京都産業大)には去年のキャンプで、「その節はお世話に……」とご挨拶に行ったら、すっかり忘れられていて笑ってしまった。

 ピッチング練習の時間帯のいちばん最後。

 ブルペンは、佐藤世那と本田仁海、2人の貸し切りになっていた。

 佐藤世那がマウンドに上がる。

 彼とは、仙台育英でエースを張っていた頃から何度も会う機会があった。全力投球も受けていたし、プロ1年目に地元・仙台のテレビ局の取材でも長い時間、話をしていた。

 サイドハンドに転向の報道を知っていたから、だいじょうぶかな……と思っていた。

 プロ3年目の“Bチーム”なら、まだまだ駆け出しだ。自信よりもはるかに大きな不安を胸に、このキャンプにも臨んでいるはずだ。そこにピッチングスタイルという根本のところが変更になる。揺れないわけがない。

【次ページ】 キャッチャーがミットの芯を外すボール。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
オリックス・バファローズ
佐藤世那
吉田一将
本田仁海

ページトップ