Number PLAYBACKBACK NUMBER

稲葉篤紀「五輪はWBCと全然違う」
侍ジャパンへ、新指揮官の忠告。

posted2018/02/14 07:00

 
稲葉篤紀「五輪はWBCと全然違う」侍ジャパンへ、新指揮官の忠告。<Number Web> photograph by Ichisei Hiramatsu

ヤクルトや日本ハムでの日本一を知る稲葉監督。国際大会では勝負への厳しさを貫く。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Ichisei Hiramatsu

11月16日、新指揮官が初陣に挑む。
アジアプロ野球チャンピオンシップ。
国際舞台の経験豊かな“切り札”は、3年後に向けていかなる戦いを目指すか。
Number939号(2017年11月9日発売)掲載の記事を全文掲載します!

 オリンピックの思い出を語るとすれば、何度もフラッシュバックするあの光景しか思い浮かばない。

 東京大会で復活する前に、野球が正式種目として採用された最後の大会となった2008年の北京五輪。予選リーグを4勝3敗と何とか4位で乗り切った星野仙一監督率いる日本代表は、準決勝でアジア最大のライバル・韓国と激突した。

 試合は序盤に日本が2点を先行。しかし韓国も必死に食い下がって7回に同点に追いつく。そして迎えた8回だ。

「イ・スンヨプが決勝ホーマーを打ったんですね。僕はライトを守っていて、その打球が僕の頭の上を通過していった。あの光景をいまでも鮮明に覚えています」

 この打球を見送った右翼手が、東京五輪で侍ジャパンを指揮する稲葉篤紀だったのだ。

「何と言うんですかね。こんな舞台であんなホームランが出るのかという……。オリンピックの怖さを知りました」

 この回に4点を奪われ決勝に進出できなかった日本は、3位決定戦でも米国に敗れてメダルを逃した。それがいまのところオリンピックの野球で日本が残した、最後の記録である。

野球の1試合ってこんなに疲れるんだ。

「とにかく野球で金メダルを取るのが当たり前のような感じで、そこのプレッシャーが凄かった。特にその前の年に台湾でやったアジア最終予選の3試合は本当にきつかったのを覚えています。僕の中で特にその韓国戦は一番、長く感じました。野球の1試合ってこんなに疲れるんだって。それだけ毎回、毎打席、守備でも集中が途切れたことがなかったですね」

 翌'09年の第2回、'13年の第3回ワールド・ベースボール・クラシックでも選手として代表入り。その後も小久保裕紀監督の下でコーチとして今春のWBCまで途切れることなく代表チームを見てきた。

 その経験を買われて、東京での金メダルの切り札としての監督就任だった。

【次ページ】 「金メダルしか僕は目指していない」

1 2 3 4 NEXT
稲葉篤紀
東京五輪
オリンピック

ページトップ